2017年3月26日 (日)

LOU REED & METALLICAのアルバム

今日紹介するのはLOU REED & METALLICAです。アルバムはLULU(’11)です。

CD1

1.BRANDENBURG GATE

2.THE VIEW

3.PUMPING BLOOD

4.MISTRESS DREAD

5.ICED HONEY

6.CHEAT ON ME

CD2

7.FRUSTRATION

8.LITTLE DOG

9.DRAGON

10.JUNIOR DAD

これは中年音楽狂さんの絶賛アルバムです。

これでは買わない訳には行きませんね。私は初めてのアーティストだったのですが見るとLPも併売しているではあーりませんか。

基本的に私はLPはもう買わないと言ったのですがこれも何故かポチッてしまいました(爆)。・・・結局LPは発売日が延期になったこともありキャンセルしました。

本作は、19世紀ドイツの古典ミュージカル「LU LU」という題材をモチーフに、ストーリー性のあるものになっているようで、ルー・リードがリード・ヴォーカルを取り、バックをあの重厚なメタリカ・サウンドが包み込んだものに。

時折聞こえるジェイムズの声がルー・リードの存在感を際立たせ、楽曲をさらに盛り上げています。

更にルー・リードはこのアルバムを「いまだかつてなく、誰にも成し遂げられたことのない最高峰のもの」と断定している。~ネット情報

ははッ、このアルバム昔の私なら一発即退場のアルバムです。だが今は違う。

ロックのにぎやかさはあるモノの新鮮で爽快感さえ漂う。この組み合わせが功を奏しているのかどうかは私のようなロックの門外漢には判断出来ないが五月蠅さ一歩手前の楽しさが溢れている。

畑違いの私にもハッとする楽しさが伝わって来る何とも不思議なアルバムだ。

何度も聴いていると段々吸い込まれて行きそうだ。その意味では怖いアルバムだ(爆)。

ストーリー性があって曲調が順次変わって行くので思わず聴き入ってしまう。2枚とも良いが特に後半の2枚目のCDが良い。弩迫力のひと言。!!

このアルバムはやっぱり音量大きめで楽しむのが良い(最後のSPの登場が待たれますね)。

切っ掛けを作ってくれた中年音楽狂さんに感謝。!!癖になりそうな盤...です(爆)。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

伊豆爺徘徊記(3.25)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り・晴れ 9.9 44
PM3:30 晴れ・曇り 14.4 4

今日の気温は下がって9℃台です。

天気は曇り・晴れです。

富士山は薄いながら見えています。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

その後の(腰)症状は引続き最悪時より若干緩和状態ですが基本的な状況は変わらずですが、いつ腰砕けが起こるか分からない不安があるのは今迄と同様です。

LP洗浄しました。

10:35頃2回目の洗浄をしました。

2.庭の整理

午後整理した。

今日も昨日に続きギア付剪定ばさみで切って回った。

天候も昨日と略同じ。

今日も庭の中央の植え込みの枯れ枝を中心に切った・・・ここはやって見るとターゲットが非常に多い(汗)。

一通り終わって時間を見たら1時間20分の作業でした(やり過ぎ)。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

今日は気持ちエアコン使用しました(18℃設定)。

| | コメント (0)

LARRY CARLTONのアルバム

今日紹介するのはLARRY CARLTONです。アルバムはTHE PARIS CONCERT(’11)です。

メンバーは

LARRY CARLTON(g)、TRAVIS CARLTON(b)、TOSS PANOS(ds)

です。

1.FRIDAY NIGHT SHUFFLE

2.F” nnnnnnn

3.WALK WITH ME

4.SUNRISE

5.COLD GOLD

6.THE PRINCE

7.LAST NITE

8.ROOM 335

9.COMFORT ZONE

10.BURNABLE

11.BP BLUES

待望’08.4のパリ NEW MORNINGでの傑出ライブです。

息子トラビスとギリシャ出身のトス・パノスとの素晴らしいトリオ。

演奏が文句なしにカッコイイのです。~ネット情報より

PARIS CONCERTと言うだけで買ってしまいました(爆)。

CARLTONのチョッと歪んだギターワークが素晴らしい。このトリオ良いですね。

こう言う演奏、大型のSPで聴いて見たい。

| | コメント (0)

2017年3月24日 (金)

伊豆爺徘徊記(3.24)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り・晴れ 10.5 45
PM3:30 曇り・晴れ 14.7 47

今日の気温は昨日と同じ10℃台です。

天気は曇り・晴れです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

その後の(腰)症状は引続き最悪時より若干緩和状態ですが基本的な状況は変わらずですが、いつ腰砕けが起こるか分からない不安があるのは今迄と同様です。

LP洗浄しました。

10:30頃2回目の洗浄をしました。

お昼前LPが届いた。

2.庭の整理

届いたLPの洗浄をした(今日は3回)。

その後整理した。

今日も昨日に続きギア付剪定ばさみで切って回った。

天候も昨日と略同じ。

今日は庭の中央の植え込みの枯れ枝を中心に切った。

一通り終わって時間を見たら1時間15分の作業でした(やり過ぎ)。

昨日と違って雨には降られませんでした。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

今日も室温は高いのでエアコンは使用せずに済みました。

| | コメント (0)

HOZAN Z-268(ブロー)の使用感想

2月中旬に入手しました。

1ヶ月ちょっと使用しての感想です。

従来使用していたブロアーはLP盤に付着しているゴミ等を吹き飛ばすにはパワー不足で余り効果がありませんでした(気休め程度)。

と言うことで少しでも強力なタイプがないモノかと思いアマゾンを見ていたら↑が目に付いたので購入した次第です。

弱と強のモード切替が出来るので早速強にして試しにパソコンのキーボードの隙間に入り込んだ埃を取って見ることに。

そしたら

長年入り込んだ埃が出て来るわ出て来るわで結構効果が有ることが分かりました。

主たる目的は勿論LP盤の埃取り&カートリッジの埃取りですが他にも拭き難いところの埃とか結構ターゲットは多いので意外と役に立ちそうです。

さて

実際にLPを回しながらやって見たのですが勢いは強いのですが中々的に当たりません(汗)。

それに最近は体の不具合で全身全てが衰えているようで握力も右に倣えと言うことでこれを握る力も今までのブロアーに比べて相当パワーが要ります(だから強力なのですが...)ので最初は握ってエアーを出すことも上手く行きませんでした。

でも毎日やっている内に割とピンポイントでゴミを飛ばせるようになりました。

又こう言うフワフワとしたゴミがカートリッジに絡み付いた位は簡単に吹き飛ばせます。

ブラシを使うより簡単です(ただしLP12のカートリッジ(KANDID)のようにボディが小さくて針が良く見えるのはやり易いが電音ギアドライブのカートリッジ(オルトフォン)のようにボディがでかくて針が殆ど見えないのは逆に難しいです)。

結果としてコストの割にはグッドアイテムでした。

今ではLP演奏前に欠かせないルーティーンとなりました。

| | コメント (0)

KATHERINE JENKINSのアルバム

今日紹介するのはKATHERINE JENKINSです。アルバムはBELIEVE(’09)です。

1.TILL THERE WAS YOU

2.BRING ME TO LIFE

3.ANGEL

4.I BELIEVE (WITH ANDREA BOCELLI)

5.FEAR OF FALLING

6.PARLA PIU PIANOーLOVE THEME FROM THE GODFARTHER

7.ANCORA NON SAI (WITH vio:ANDRE RIEU)

8.NO WOMAN.NO CRY(WITH CODY CAREY)

9.LA VIE EN ROSE

10.LA CALIFFA(WITH CHRIS BOTTI)

11.WHO WANTS TO LIVE FOREVER

12.SE SI PERDE UN AMORE

中々良いと思いましたが、サラ・ブライトマンの後継者のような書き方が一部でされていますが全盛期の彼女には未だ遠く及ばないと私は思いました・・・これは今聴いてもそう思います。

ただ購入時聴いた時とは印象はかなり変わって良くなって来ました。

私自身の聴き方・好みが変わったのかも知れません(逆にサラ・ブライトマンも後になるにつれ全盛期の面影は薄れて行っています・・・時の経つのは恐ろしいモノです、仕方ありませんね)。

| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

伊豆爺徘徊記(3.23)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 10.5 45
PM3:30 曇り 15.0 44

今日の気温は昨日と略同じ10℃台です。

天気は曇りです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

その後の(腰)症状は引続き最悪時より若干緩和状態ですが基本的な状況は変わらずですが、いつ腰砕けが起こるか分からない不安があるのは今迄と同様です。

LP洗浄しました。

10:30頃2回目の洗浄をしました。

2.庭の整理

午後整理した。

今日はギア付剪定ばさみで切って回った。

空気はちょっと寒く感じたが風もないので良いかなと思いきや空模様が何となく怪しいので近場を中心にやった。

そこを一通り終わったので少し離れたところをやろうとしたらぽつぽつと降って来たのでここで終了。

時間を見たら45分の作業でした。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

今日も室温は高いのでエアコンは使用せずに済みました。

| | コメント (0)

FOURPLAYのアルバム

今日紹介するのはFOURPLAYです。アルバムは④(’98)です。

メンバーはBOB JAMES(key)、HARVEY MASON(ds)、NATHAN EAST(b&vo)、LARRY CARLTON(g)です。

1.STILL THE ONE

2.LITTLE FOXES

3.SEXUAL HEALING

4.CHARMED、I’M SURE

5.SOMEONE TO LOVE

6.RIO RUSH

7.PIECE OF MY HEART

8.SLOW SLIDE

9.VEST POCKET

10.SWAMP JAZZ

当時良く聴きました。

久し振りに聴いても柔らかい当たりの心地良いスムースなジャズは良いモノです。

ハードなジャズも良いけれどたまにはこう言うのもありですね。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

伊豆爺徘徊記(3.22)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 晴れ 10.4 49
PM3:30 晴れ・曇り 15.4 42

今日の気温は急降下して10℃台です。

天気は晴れです。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

その後の(腰)症状は引続き最悪時より若干緩和状態ですが基本的な状況は変わらずですが、いつ腰砕けが起こるか分からない不安があるのは今迄と同様です。

LP洗浄しました。

10:35頃2回目の洗浄をしました。

2.庭の整理

午後整理した。

今日は結局先日切った枝の回収と言うことで摘まんで回りました。

庭の2/3を摘まんで回ったので結構沢山回収出来た。

そして昨日1日中降った雨はバケツを見る限り大した量ではなかった。

それを側溝に溜まったゴミを押し流してお終い(側溝には未だ一杯残っている)・・・少しずつやるしかない。

今日は先ず先ずの天気で風もなく温かい。

終わって時間を見たら丁度1時間の作業でした。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温も高いのでエアコンは使用せずに済みました。

| | コメント (0)

EVA CASSIDYのアルバム

今日紹介するのはEVA CASSIDYです。アルバムはIMAGINE(’02発売 BLIX STREET)です。 ’03.7に購入しました。

1.IT DOESN’T MATTER ANYMORE

2.FEVER

3.WHO KNOWS WHERE THE TIME GOES

4.YOU’VE CHANGED

5.IMAGINE

6.STILL NOT READY・・・スタジオ録音

7.EARLY MORNING RAIN

8.TENNESSEE WALTZ

9.I CAN ONLY BE ME・・・スタジオ録音

10.DANNY BOY

このアルバムは全曲未発表、ライブ録音されたものがほとんどだが、『LIVE AT BLUES ALLEY』を聴いたことがある人なら、キャシディーのライブ演奏がどんなに新鮮か、知っているだろう。サンディー・デニスの「WHO KNOWS WHERE THE TIME GOES」は要チェック。

楽々とこなす理想的なカヴァー曲にうれしくなって身震いするだろう。『BLUES ALLEY』セッションからの「YOU’VE CHANGED」では彼女のソウルフルなジャズが味わえる。ソロアコースティックで贈るゴードン・ライトフットの「EARLY MORNING RAIN」は彼女のギターの巧さを見せつける。

彼女が歌えば馴染み深いスタンダードナンバーも、どこか新鮮で心に訴えかけるものがあるということは確かだろう。〆は素敵なソロスタンダードナンバー「DANNY BOY」だ。

録音の質は曲ごとに異なっていて、多分観客の声を消すために、ところどころ不自然なフェードアウトがあるが、それでも光彩を放つ音楽が鮮やかに伝わってくる。~ネット

素晴らしいアルバムです。

| | コメント (0)

«伊豆爺徘徊記(3.21)