2018年10月16日 (火)

菅野沖彦氏逝去

今朝コミュの記事で知りました。

氏は長い間オーディオ評論家としてご活躍されていたことはこの趣味の同好の士にとっては周知の事実と思います。

思い起こすと私も若い時晴海ふ頭のオーディオフェアに行ったことがあります。

とても暑くて閉口したので2度だけで後は止めましたが...。

まぁ今となっては良い思い出です。

その頃から氏はオーディオ評論家として活躍されていたのでこの業界の裏表(酸いも甘いも)を知り尽くした生き字引と言っても過言ではないでしょう。

その意味でも氏の存在は功罪相半ばする評価にならざるを得ません。

現在の機器高騰の流れを作ったのは主に他ならぬ氏を初めとするステサンの歴代評論家連中でしょうから...。

氏の勢いは当時はそれは物凄いものがあり、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでありました。

南荻窪の瀟洒な邸宅に住まわれ好きな機器に囲まれ車はポルシェを駆って貧乏ユーザーから見るとオーディオ評論家って儲かる商売なのだなと思ったモノでした(汗)。

それはさておきこのオーディオ評論家の草分けは池田圭であり、氏はその後を継いだ謂わば中興の祖と言ったところでしょうか(チョッとほめ過ぎですがこれは決して真意ではありませんが流れと言う意味からして...)。

過去現在通してこのオーディオ評論家と言う存在の中で私が一番印象に残っているのは瀬川冬樹氏(菅野沖彦氏より3歳年下)です。

彼は若くして亡くなられましたがその意味では菅野沖彦氏の勢いに竿を差すことの出来た唯一(?)の人物として惜しまれてなりません。

彼は単に機器のみならず当時から器(部屋)に対して一家言を持っていたし菅野沖彦氏等とは一線を画していました。

良くも悪くも菅野沖彦氏の逝去によってオーディオ界の今の流れが方向転換し、若年層を含み活性化することを祈念したいですね(まぁ無理でしょうが...)・・・現在は年寄りの趣味と化してしまった。

合掌!!。

| | コメント (0)

CANNONBALL ADDERLEYのアルバム

今日紹介するのはCANNONBALL ADDERLEYです。アルバムはSOMETHIN’ ELSE(’58、’18)です。

これはステレオ・モノラルの2枚組です。

Ⅰ(ステレオ)

1.AUTUMN LEAVES

2.LOVE FOR SALE

3.ALLISON’ UNCLE(bonus) 

1.SOMETHIN’ ELSE

2.ONE FOR DADDY-O  

3.DANCING IN THE DARK

Ⅱ(モノラル)

1.AUTUMN LEAVES

2.LOVE FOR SALE

3.SOMETHIN’ ELSE 

4.ONE FOR DADDY-O  

5.DANCING IN THE DARK

先ずステレオから聴きました(ステレオ盤は再発ですが2枚持っています)。

聴き馴染んだ名調子です(ただし中抜けです)。

やはりモノラルの方がリアル感があってしっくり来ます。

そもそも中央から一切音が出ていない音楽何て音楽とは言えないですよね。

再発と雖もこう言う時期のモノはモノラルに限るのでしょうか、って未だ2枚目ですが(汗)。

予定(は未定)では後3枚入手する積りですが果たして目算通り行くか。

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

伊豆爺徘徊記(10.15)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 15.6 74
PM3:30 曇り 17.2 75

今日の気温は気持ち上がって15℃台です。

天気は曇りです。

この時点では富士山は見えませんでしたが30分後に何気なく見たらしっかりと雪が積もった富士山が見えました(昨日は今シーズン最低でしたから富士山では雨でなく雪になったのでしょう)。

引き続き腰・膝は「油断は大敵」と言う気持ちで対応しています。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

LPを洗浄しました。

10:20頃2度目のLP洗浄をしました。

2.庭の整理

天気は曇りですが今日は体調も余り良くないので整理は中止しました。

こんな日は早めに電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は朝より上がって17℃台です。

朝と同じようにお尻だけ温めました。

| | コメント (0)

KENNY BURRELL & GROVER WASHINGTON JR.のアルバム

今日紹介するのはKENNY BURRELL & GROVER WASHINGTON JR.です。アルバムはTOGETHERING(’84)です。これはブルーノート盤です。

メンバーはKENNY BURRELL(g)、GROVER WASHINGTON JR.(s & ts)、RON CARTER(b)、JACK DE JOHNETTE(ds)、RALPH MACDONALD(perc)です。

1.SOULERO

2.SAILS OF YOUR SOUL

3.DAYDREAM

4.BEAUTIFUL FRIENDSHIP

1.TOGETHERING

2.ROMANCE DANCE

3.ASPHALT CANYON BLUES

4.WHAT AM I HERE FOR?

今改めて聴くと味わい深い。

買った理由はGROVER WASHINGTON JR.が入っているから...、でしょう。

それ位結構彼のアルバムは買っていました。

軽いタッチのサックスが何とも心地良くて好きなのですね。

このアルバムはメンバーからして違った雰囲気を味わえる貴重なアルバムです。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

伊豆爺徘徊記(10.14)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 14.9 72
PM3:30 曇り 16.2 73

今日の気温は更にグンと下がって14℃台です(今シーズン最低です)。

天気は雨です(昨夜来北風ピューピュー吹いて雨も降っていましたが7時頃には止んだようです)。

引き続き腰・膝は「油断は大敵」と言う気持ちで対応しています。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

流石に15℃を切ると厚着だけでは寒いのでお尻だけ取敢えず温かくなるように電気座布団を敷きました(温かい~)。

LPを洗浄しました。

10:20頃2度目のLP洗浄をしました。

2.庭の整理

天気は曇りで庭も濡れていますが毎日家の中では詰まらないので今日は庭に出て剪定ばさみで切ったり摘まんだりの作業をした。

時々ははさみを杖代わりにして体を支えて草むしりもした。

この寒さでは汗をかくまでは行かず精々体が温まった程度ですが体を動かしたので気持ちは良い。

終わって時間を見たら50分の作業でした。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は朝より少し上がって16℃台です。

朝と同じようにお尻だけ温めました。

| | コメント (0)

WAYNE SHORTERのアルバム

今日紹介するのはWAYNE SHORTERです。アルバムはSPEAK NO EVIL(’64、’14)です。

ショーターのアコースティック・ジャズ作品としては、ひとつの完成作ともいうべき名作。

全曲ショーターのオリジナルで、「WITCH HUNT」「SPEAK NO EVIL」「INFANT EYES」などといった彼の代表曲も収録~ネット。

メンバーはREGINALD WORKMAN(b)、JOE CHAMBERS(ds)、HERBIE HANCOCK(p)、WAYNE SHORTER(ts)です。

1.WITCH HUNT

2.FEEーFI-FO-FUM

3.DANCE CADAVEROUS

1.SPEAK NO EVIL

2.INFANT EYES

3.WILD FLOWER

最新作[EMANON」の後入手して聴いた訳ですがこの間50年以上の隔たりがあるのに音楽性は全く変わっていない、と言うよりも音楽自体の表現力が細部に亘り練り・積み上げられた旨味は全く別物でしょうが骨格そのモノは脈々と受け継がれている。

こんな凄いことはないでしょう。

当時このアルバムは既にアコースティック・ジャズ作品としては完成作と言われているがその流れは現代に至るまで脈々と彼の体に刻み込まれているのでしょう。

全く時代の差を感じさせない名作です。

驚いた!!。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

伊豆爺徘徊記(10.13)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 17.7 71
PM3:30 曇り 17.3 67

今日の気温はグンと下がって17℃台です。

天気は曇りです(北風が夜~日中強く吹いていて気温の低下に結び付いているようだ)。

引き続き腰・膝は「油断は大敵」と言う気持ちで対応しています。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

昨日届いたLPを洗浄しました。

10:20頃2度目のLP洗浄をしました。

2.庭の整理

天気は曇りですが余りにも急激に寒くなって来たので外の作業は体調を考慮して中止です(今シーズン日中の最低を更新)。

今日も早めに電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は朝より更に下がって17℃台です。

| | コメント (0)

WAYNE SHORTERのアルバム

今日紹介するのはWAYNE SHORTERです。アルバムはEMANON(’18)です。

これは3LP+3CDの何とも豪華な仕様です(ケースも)。

私にとってはLPだけで良かったのですが販売戦略かどうかは知りませんがLPだけと言う選択肢はなかったので止む無く購入しました。

当然私にとっては非常に高い買い物になりました(LPが何枚買えるかと思うとクッソー、と言う気持ちになります)。

EMANONと言うアルバムタイトルですが逆から読めばNONAMEとなり「名無し、無印」と言う意味ですね。

洒落なのかどうかは分かりませんがまさに人を食ったようなネーミングであります(汗)。

全ては内容次第で笑って済ませられる話ですがさて如何かな...。

QUARTETメンバーはWAYNE SHORTER(sax)、DANILO PEREZ(p)、JOHN PATITUCCI(b)、BRIAN BLADE(ds)です(ORCメンバーは多いので省略)。

CD

ディスク   Ⅰ

THE WAYNE SHORTER QUARTET WITH ORPHEUS CHAMBER ORCHESTRA

1.PEGASUS

2.PROMETHEUS UNBOUND

3.LOTUS

4.THE THREE MARIAS

ディスク   Ⅱ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1. THE THREE MARIASーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.LOST AND ORBITS MEDLEY-LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

ディスク   Ⅲ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.LOTUS LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.SHE MOVES THROUGH  THE FAIR LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016
3.ADVENTURES ABOARD THE GOLDEN MEANーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016
4.PROMETHEUS UNBOUNDーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

LP

ディスク   Ⅰ

THE WAYNE SHORTER QUARTET WITH ORPHEUS CHAMBER ORCHESTRA

1.PEGASUS

2.PROMETHEUS UNBOUND

1.LOTUS

2.THE THREE MARIAS

ディスク  Ⅱ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.THE THREE MARIASーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016 

1.THE THREE MARIAS

ディスク  Ⅲ

THE WAYNE SHORTER QUARTET LIVE IN LONDON

1.LOST AND ORBITS MEDLEY-LIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.LOTUS

1.SHE MOVES THROUGH THE FAIRーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

2.ADVENTURES ABOARD THE GOLDEN MEANーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

3.PROMETHEUS UNBOUNDーLIVE IN LONDON/THE BARBICAN、LONDON、UK/2016

先ずCDから聴き始めました(LPは試聴待ちが沢山あるので...)。

最初から飛ばしています。

熱量とも結構な暑さです。

でも演奏そのものはスケールの大きい爽やかサウンドです。

これは3枚あっても比較的収録時間も短いので中弛みはありません(LPの収録時間に合わせてある?)。

全て聴き応えある良い構成になっています。

さていよいよLPの番です。

初っ端の音からして全然違います。

実はCDは1週間以上毎日繰り返し聴いていました。

で、LPの番になっても比較の為に聴きましたが音の厚み・音圧・スケール感・迫力・切れ味・凄み・音楽の楽しさ、何れをとっても大人と子供の違いです。

私自身まさかこれほどの差があるとは思っていませんでしたがLPのKO勝ちです。

それもボディーを攻めて苦しめてのた打ち回らせて勝つのではなくストレート一発の瞬殺KOです。

高い買い物でしたがLPだけの仕様がない為抱き合わせの本セットを買いましたがHMVならではの割引が大きかったので文句なしです。

本アルバムはコスト的には高かったけれど内容が良かったので独断で「無印良品」と認定させて頂きます(爆)。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

伊豆爺徘徊記(10.12)

1.エコロ爺散歩                                          

  天気 気温 湿度 富士山
AM6:05 曇り 21.0 81
PM3:30 曇り・晴れ 21.5 80

今日の気温は上がって21℃丁度です。

天気は曇りです(その後小雨が降ったり止んだりです)。

引き続き腰・膝は「油断は大敵」と言う気持ちで対応しています。

着替えて電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

LPを洗浄しました。

10:20頃2度目のLP洗浄をしました。

2.庭の整理

昼頃LPが届きました(これは明日洗浄します)。

午後は曇り・晴れですが庭は濡れていますので整理は中止です。

今日も早めに電源オンして時間が来たらCD鑑賞です。

室温は朝より気持ち上がって21℃台です。

| | コメント (0)

MARCIN WASILEWSKIのアルバム

今日紹介するのはMARCIN WASILEWSKIです。アルバムはLIVE(’18)です。

ポーランドのピアノ・トリオ、マルチン・ボシレフスキ・トリオ待望のライヴ・アルバム。

2016年の8月にアントワープで行われたジャズ・ミドルハイムというフェスティヴァルが録音していたライヴ音源。

本人らも録音されるは知らなかったとのことであとで聴いてみたらとてもよくその時のソウルを捉えていると感じたそう。

録音していると知らなかったのでマイクに向かって演奏していなかったから、意識的にではなくダイナミックで外に向かって演奏していてオーディエンスからのレスポンスも直接受けた~ネット。

メンバーはMARCIN WASILEWSKI(p)、SLAWOMIR KURKIEWICZ(db)、MICHAL MISKIEWICZ(ds)です。

1.SPARK OF LIFE/SUDOVIAN DANCE

2.MESSAGE IN A BOTTLE

1.THREE REFLECTIONS

2.NIGHT TRAIN TO YOU

1.AUSTIN

2.ACTUAL PROOF

裏面のⅣは収録なしです(録音されていることを知らなかった位なので収録時間のことは無頓着だったかもね)。

このひとは以前CDで聴いて良かった記憶があったので購入して見ました。

流石ECM的な録音で透明感のある演奏です。

そしてピアノが輝きを伴なっています。

ダブルベースとドラムスも効果的な役割を果たしていてとてもスピード感・キレのあるアルバムに仕上がっています。

このアルバムは早い内から予約を入れていたので結構安価にゲット出来た(ただしアマゾンの頭に来るキャンセル不可商品でした・・・これで価格が下がらなったらどうする積もりかね)。

まぁ、結果オーライだったので良しとしよう。

| | コメント (0)

«伊豆爺徘徊記(10.11)