« 四季折々の庭 | トップページ | 弘田三枝子のアルバム・・・備忘録 »

2010年6月18日 (金)

停電

停電、それは突然やって来た。当たり前のことですが。

今日2:30頃私は長文の記事を書いている時でした。あっと言う間もありません、あっても対処は出来ませんが...。゜゜(´□`。)°゜。。

仕方がないので通電が再開したのを待ってパソコンを立ち上げ、機能的に異常がないことを確認した上で、念の為、記事の確認をしました。

記憶では保存していなかった、と思っていたのですが、途中で一度保存していたようです。

ですから、まるきりパーとはならなかったので若干助かりました。

とは言っても記憶では全体の2/3が未保存でしたので消えてなくなりました。゜゜(´□`。)°゜。。

こう言う時って思い出しながら書くよりはその時点で思い付いた内容を書いて行った方が良いですね。

加齢により特に直近の記憶は直ぐに飛んでしまいますので思い出しようがありません。

10年以上も前のことは結構覚えているのですがね。

さて、一応原因を知りたいと思い、直後に東電に連絡しましたが、1時間半経っても未だ何の連絡もありません。

と言うことで再度電話して聞いたところ3分程度で自動復旧したので停電場所そのものの特定に難航しているとのことです(所謂証拠隠滅ってところでしょうか(爆))。

高圧線に枝が触れたりすると低圧線に比べると反応が敏感なのですね。山の中での高圧線の漏電が原因で今はドンドン雨脚もエスカレートしていて辺りも暗くなっているので益々地域の特定は難しそうです。

こう言う停電は原因が原因なので又起きる可能性があると言うのが困ったモノです。

この後責任者から連絡があり、未だ特定には至っていないので対応が出来ていません。申し訳ないですが充分気を付けて下さい、と言われました。

言われないよりも言われた方が気持ち有り難いですが、ユーザーとしては手の打ちようがないですから困ったモノです。

明日以降仮に疑わしき場所が判明した場合、人間社会では疑わしきは罰せずですが、この場合は枝の除去等対応することになりますが、最悪誤認逮捕のようなことになる可能性もあります。

山は特に葛のツタの成長が早くてそれが巻き付いて起こる事故も多いのだそうです。

ツタ自体が湿気を帯びているので漏電し易いと言うことのようです。

海岸部とは違った原因が色々あるようですね。

我々としては停電が起こらないことを祈るばかりです。私もここに来て原因特定出来ない停電は始めてです(確認した中での話です)。

|

« 四季折々の庭 | トップページ | 弘田三枝子のアルバム・・・備忘録 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | 弘田三枝子のアルバム・・・備忘録 »