« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

2010年6月21日 (月)

大相撲の不祥事について

今一番話題に上っているのはサッカーのワールドカップか大相撲の賭博問題かは分かりませんが毎日TVの朝・昼のワイドショーで持ち切りです。

私は基本的には食事の友としてしかTVを付けませんので結果として朝・昼・夕のTV情報でしか知ることはありません。後は就寝時にちょこっと見るニュース番組です。

さて、サッカーの方ですがあれほど盛り上がる理由が私にはさっぱり分かりませんし、全く見る気もありませんのでこれもちょこっとの情報だけです。浪速のアネゴだか何だか知りませんが美味しいところにだけしゃしゃり出るのも好い加減止めて貰いたい。

負けても勝っても応援するのであれば分かりますが俄かファンって何ですか。それを言うなら便乗ファンじゃないですか。

そうまでして画面に出たいのですか。あんたの歌など聴きたくもないし、上手いとも思っていません。どうしてこう言う人が歌謡界の大御所の地位にのし上がっているのでしょうか。もういい歳だし大人しくして貰えませんか。

ヒット曲もないのに毎年紅白歌合戦に出場するなどと言う茶番劇に辟易して視聴者が離れて行っていることも間違いないと思いますよ(私はTVそのものを余り見ませんが特にNHKは全然見ません)。

閑話休題

今日の本題はサッカーではなく大相撲の方です。

私も今は大相撲に特別関心は持っていません、と言うより子供の頃は娯楽もなかったし、最初はラジオを通じて(古っ!!)の実況放送を聞き、想像をたくましくして聞いていたモノですが年齢を重ねるに当たって段々興味の対象から外れて行きました。

最も熱中したのは「巨人・大鵬・卵焼き」と言われていた時期です。しかし、この言葉自体は好きではありません。何故なら巨人が入っているからです。

巨人と言うチームの親会社の新聞社のトップが胡散臭い人物(政治的にも裏で暗躍している)であることに加え、巨人の監督経験者の立ち居振る舞いが時代が変わっても共通して巨人が全ての意識が強いことが鼻持ちならないのです。

現在、脚光を浴びている参院議員の蓮舫さんの「何故1位でなければいけないのですか」ではないけれど彼らの気持ちはまさにこれそのモノです。

スポーツとしてその位置に居続けたい気持ちは理解出来るとしてもその為の手段がまさに自分だけ良ければ、の「手段を選ばず」ですから困ってしまいます。

つまり金による大物獲得でチームの戦力の補強が全てのチームです。

全て金、金です。・・・結果としてはご覧のように捨て金になっているケースが大半ですが。と言うことは選手の資質を見る目が元々ないと言うレベルの低い話です。

自前の選手を育成し、大成させた何て話は一握り以外のケース以外、ついぞ聞いたことがありません。戦力強化を安易な金にモノを言わせるやり方を続けて来た結果が遠因となり自前の卒業生も育たず色々な球団の監督としても成功した事例の何と少ないことか。

そしてドラフト制度の弱体化を考えているのも他ならぬ巨人の関係者ですね。自球団さえ強くなれば球界の発展に繋がるとでも思っているのでしょうか。

穿った見方をすればこの結果が野球賭博を助長しているとも言えます。

つまりハンディキャップ師の存在です。少なくとも実力が拮抗していればこう言う輩の存在は不要です。

又昔から噂されている大相撲の八百長疑惑、これは野球賭博の複雑さに比べればまことに単純。

内内のやり取りで済む訳ですから、ことほど左様に賭博好きの相撲取りがやっていない訳がない。

今からでも良いからこの際、徹底的に賭博行為の全てを洗い出して欲しいですね。

さて、この数日間TVで良く見掛ける顔に元大関・霧島の陸奥親方がいます。

毎度歯切れの悪い薄ら笑いを浮かべたような顔での釈明ばかりで全くを要領を得ないな、と思っていたところ、彼自身過去に次のような問題を起こしていました。

これはネットで確認した情報です。

●1999年4月(平成11年)・・・それほど昔のことではありません。

元大関・霧島の陸奥親方が5年間に約2億2000万円の申告漏れ。約9000万円の追徴金。

相撲協会より6ヶ月間20%減給の処分。

と言う内容です。

親方の中にも芋づる式に野球賭博に手を染めているモノが連日報道されているとあっては自浄能力ゼロと言わざるを得ませんね。

過去に後ろめたいことを抱えている人が多い相撲協会、これでは不祥事の根絶は期待薄です。この際、換骨奪胎する位の荒療治をしてやり直しをしないと立ち直れないでしょう。

今後どう言う対応を自らして行くのか極めて関心を持ちつつ見届けたいと思っています。

間近に迫った名古屋場所がどうのこうのと言っている場合ではないでしょう。中止が当たり前です。

中止すれば逆に関係者に迷惑を掛けることが大きくなるので実施すべきだなどと頓珍漢な馬鹿キャラのアーティストが言っていましたが、何を言っているのでしょうね。

こう言うコメンテーターをゲストに選定するTV局もTV局だと思うが、如何でしょうか。

それほど人材がいないとは思いませんが...。

この記事をいつアップしようか、と思いつつ見ていると日々本当に次から次へ申告して来ると言う何とも潔くない姿ばかりが目につき既に男同士が裸でぶつかり合う競技としては最早伝統文化としての体をなしていません。

自己申告=自首=容疑者ですよ。あなたたちは...\(*`∧´)/。

何はともあれ、本日の臨時理事会とやらの発表する内容次第で協会の真剣度が分かろうと言うモノです。

|

« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »