« 四季折々の庭 | トップページ | GARY KARRのアルバム »

2010年9月27日 (月)

サーロジックSPシステムは直線位相のデジタルネットワーク

スピーカー・システム自作の難関はネットワークの自作

http://www.salogic.com/DemoRoom/SharcDSP/SharcDSP.html

LCネットワークにしろ、電子的なネットワークにしろ、アナログ方式の分割フィルターには遮断帯域の位相が進んだり、遅れたりして位相干渉が発生する欠点がある。

クロスポイントの上を受け持つSPと、下を受け持つSPの二つから、演奏タイミングが異なる二つの同じ音が出力されるのだから、楽器の音にピンポイントのフォーカスが得られるはずがありません。

DSPによるデジタル信号処理を用いると、直線位相(位相が狂わない)の分割フィルターが簡単に作れます、オーディオマニアには必須の装置にもかかわらず、数が売れないから仕方がないのですが、市販品はあまりにも高価です。

本機のDSPシステムの市販予定は現在のところありませんが、弊社製品のユーザー様限定でご希望者にはお分けします(完成は来春の予定)。市販品に比べればかなりのコストダウンが可能と思います。~と言うことですのでユーザーには有り難い話です。

ここのところハイピッチで記事が更新されています。

私はこう言う記事を読む度に素晴らしい完成品を夢見てしまいます。本当に待ち遠しいなー(爆)。

 

|

« 四季折々の庭 | トップページ | GARY KARRのアルバム »

夢のSP物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | GARY KARRのアルバム »