« 四季折々の庭 | トップページ | リハビリ散歩(179) »

2010年9月29日 (水)

国勢調査

今年は5年に一度の国勢調査の年である、何て言うことは知りませんでした。

前回やったことは覚えているがもう5年経ったのか、と言う感じです。

実は先月下旬に管理組合から配られた市の広報「いずのくに」で知りました。

今月下旬から国勢調査員が全ての家を訪問して説明して渡す予定になっています。

前回、このエリアの国勢調査員が結構出鱈目な人で直接調査票を渡して説明する義務があるのにポストに入れて何食わぬ顔をしていた。

当然、私は市役所に文句を言ってその担当者にきちんと挨拶に来るようにお願いしましたが、結局住所が分からぬとか何とか訳の分からぬことを言ってうやむやになってしまった経緯がある。住所が分からなければポストに投函出来ないだろうが...o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!。

そもそもどう言う基準で国勢調査員を選んでいるのか知りませんが、幾ら広い山とは言え、一人で受け持っている訳ではあるまいし、何人かで分担し、かつ近場を担当していると思います。不明な場合は管理組合もあるし、幾らでも方法はあると思う。

そもそも自分にその仕事がこなせないと思ったら受けなければ良いと思いますね。私は地理に疎いし、体も不自由なのでこの先依頼があったとしてもやる積りはありませんが良い歳をして好い加減な人がいるモノだと思いました。

で、今回のパンフで分かったのですが、国勢調査員って、非常勤の国家公務員なのですって、偉いんだ(爆)。

調べてみると時間のある方で面倒を厭わない方には良い小遣い稼ぎになるようですね。報酬が高いか安いかは人によって意見の分かれるところでしょうが、私が健康だったら、暇潰しに小遣い稼ぎとして名乗りを上げても良いと思いますが、採用されるかどうかの確証は全くありません(;´Д`A ```。

だから、余計に↑そう思います。昨今の事件等々を見ると結構好い加減な国家公務員がいることは分かっているのでそう目くじらを立てるような問題ではないけれど...。

5年後の今回は当然担当者は替っているモノと思いますが、如何なりますか。

で、9/21に国勢調査のそのパンフを持って国勢調査員が来られました。

それによるとこのエリアに関しては5年前に比べ人口が増加しているのだそうです。

当時は対象が9人だったのが今回は23人になっているのだとか。どっちにしても過疎地だ。゚゚(´O`)°゚

世間一般は人口が減っているのに山は増えている、ただし中身は極めて高齢者が多いようなので素直に喜べませんね。私の年齢で若い方なのだから推して知るべし(;´д`)トホホ…。

ひょっとして姥捨て山と見做されているのではないか、どっちにしろ5年後の次回には私は生存している自信がないので今回は最後のご奉公の積りで書きたいと思っています(爆)。

9/21にパンフを持って来た時は2~3日後には調査票を持って来ますので宜しくと言っていたが、全然来られないので市役所に電話して調査員に連絡して貰いました。

で、昨日来られて事情を聞いてみると3回伺ったが、不在だったので4回目も不在だったら、ポストに入れて置こう、と思われたとのことでした。

時間帯的にはいる時間なのですが、この53段の階段を高齢の方が上り下りするのも大変なのでいなかったら、ポストで良いですよ、と9/21に伝えておいたのですが、今回の調査員は前回と比べて極めて全うな方のようでした(爆)。

私も受け取って、即書き込みをしてその後丁度自動車保険の更新もあったので双方を片付けたのでした。

ただ、国勢調査はマークシート式なので鉛筆が必要なのですね。これにはチョット焦りました。普段鉛筆など使わないので碌なモノがなく、探し出すのに時間が掛ったのです。

さて、この種の調査は必要ですが、

昨今の勝海舟と同級生とかと言ったような笑えない話も全国で起きている現状、担当部署が違うと言うことで片付けないでこう言う調査の上手な活用が出来ないのでしょうか。

これも縦割り行政の歪なのではないですか。

細かい情報のやり取りは出来ないまでも年齢構成は分かる訳なので余りの格差があるようであれば情報の修正手段として活用出来そうな気がしますけれど...。

<ご参考>

静岡県の少子高齢化の現状(’05)

15歳未満の人口の割合を見ると西部、東部で高く(14%以上)、伊豆地域で低い(13%未満)傾向です。

特に低いのが中部の「川根本町」、伊豆地域の「熱海市」、「西伊豆町」、「南伊豆町」で11%未満です。

とは言っても全体として低いことには変わりないですね。今回の調査で更に少子高齢化が進んでいることが分かるのは間違いないので今後どのように対応して行こうと政府は考えているのか、抜本的な対策をお願いしたいですね。

矢張り「産めよ増やせよ」が出来る環境作りしかないのではないでしょうか。

<お詫び>

当記事は私の管理違いで3日前に一時的にアップされました。1時間少々経って気が付いたので取り下げました。

理由はその時点で未だ調査票を受領していなかった為、完成記事ではなかったのですが公開日時の指定を変更していませんでした。

ご覧頂いた方には申し訳ありませんでした。

|

« 四季折々の庭 | トップページ | リハビリ散歩(179) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | リハビリ散歩(179) »