« リハビリ散歩(198) | トップページ | 四季折々の庭 »

2010年10月29日 (金)

日本年金機構からの便り

今朝散歩から帰ってポストを見たら、日本年金機構からの封書が入っていた。

中身は「平成23年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」です。

昨日は終日雨だったので玄関先で佐川急便からアマゾンの小包を受け取るだけで外には一歩も出なかった為、郵便受けは確認しませんでした。配送は昨日です。

私は前年と何も変わらないので最低限の記載をするだけで投函出来ます。

私と同様年金を受給しておられる方は12/21が提出期限となっていますのでお忘れのないようにして下さい。

いつも思うのですが、提出期限=到着日なのでしょうか。だったら、郵便日数が不確定なので分からないですよね。

12/21と言う日がどう言う設定になっているのか分かりませんが12/21を到着日と想定した郵便日数を勘案した日を消印有効とした方が対象者には分かり良いのではないかと思いますが、如何でしょうか。

それとも厳密な意味ではない、と言うことでしょうかねー。良く分からん...。

|

« リハビリ散歩(198) | トップページ | 四季折々の庭 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リハビリ散歩(198) | トップページ | 四季折々の庭 »