« 上杉佳郎氏の知名度 | トップページ | 四季折々の庭 »

2010年12月27日 (月)

サーロジック 村田さんの履歴書(2)

昨日otoさんのブログでアップされました。http://otoaudio.blogspot.com/2010/12/blog-post_26.html

何でも村田さんが多忙の為、原稿が届かないのでotoさんが聞いた話を纏められたものだそうです。実に10/19以来の第2弾となりました。

お疲れさまでした。(爆)

私なりに村田さん始め周辺から聞きかじっていることを含め感想を書いてみました。

1.FIRコンボージョンシステムの実際聴感を確認する為の32面体SPを制作。 

これは村田さんから何度もお聞きしているSPシステムです。

特にヴォーカルを聴くには最適のシステムのようですね。

今のデモルームやSPシステムの開発が終われば自ずとこのSPシステムも第三のシステムとして日の目を見るでしょうから、楽しみにしています。

私はドームユニットシステムに加えこのシステムも財政状況が許せば導入したい。

2.D.CUBE時代

耳に聴こえない超低音を出すことでその音場は得も言われぬ佇まいを醸し出します。

唯一無二と言っても過言でないサブ・ウーファーです。

残念ながらユニットやその他部品の調達が難しくなり、本年を持って販売終了となりました。

3.LVパネル

我が家にある初期のLVパネルは「オマケ」から「商品への移行直後」のモノです。

大阪の逸品館の清原社長の進言で商品となったようです。

私は最初、この逸品館経由で購入していましたが、設置を進める内に意見が合わなくなって来たので私は村田さんに直接電話してその効果の確認をしてからは直接購入することにしました。今はパネルだらけです。

今ではその逸品館の試聴室もパネルだらけとか。何でも開発者には適わない、と言う見本のようです。

4.現在はご存知の通り、デモルーム、SPシステムの開発中です。・・・生きている内に間に合うのかな...。

|

« 上杉佳郎氏の知名度 | トップページ | 四季折々の庭 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

履歴書の書き方さん、今日は。
わざわざ済みませんでした。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: EVA | 2010年12月28日 (火) 16時07分

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の書き方 | 2010年12月28日 (火) 15時32分

otoさん、今日は。
早速のコメント有難うございます。
>まだまだ興味深い内容はあるはずです。
恐らく一杯あるでしょうね。(爆)
最近のことは生々しいですから、難しい面もあるのではないでしょうか。
>ほぼ現実お一人で商売しながらのお仕事、本当に頭が下がります。完成はいつになるのでしょう? お祈りしているしかないですね。
お祈りしましょう。(爆)ただそれだけです。

投稿: EVA | 2010年12月27日 (月) 12時38分

EVAさん、こんにちは。
感想とメールでのご案内ありがとうございます。少し色がつきました(笑)
村田氏、忙しいこともそうですが最近のことになるとなかなか原稿も進まないようです。私もまだ短いお付き合いの中でお聞きした話ですので、まだまだ興味深い内容はあるはずです。デモルーム・SP・アンプ・DSPが出来たら32面体SPも聴けるでしょうが、マニファクチャのサーロジックでですからねぇ。ほぼ現実お一人で商売しながらのお仕事、本当に頭が下がります。完成はいつになるのでしょう? お祈りしているしかないですね。

投稿: oto | 2010年12月27日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上杉佳郎氏の知名度 | トップページ | 四季折々の庭 »