« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

2010年12月16日 (木)

庭の大掃除

庭の大掃除と称して木の伐採と芯止めをやって貰うこととしました。

私は本来自分で出来るように庭園管理士なる資格も取ったのですが、ここに来て足腰にガタが来て思うようになりません。

背の届かない高木の伐採やその枝の処理は専門家にお任せした方が得策でもあります。

過日散歩中にKさん親子の伐採作業を見掛けた際、又お願いしますね、と声を掛けていたのですが、その後我が家の来年の収支を検討した結果、来年はこれをやっても食い繋げられそうだと判断したので先日改めて電話したのです。

で、先程ひょっこり来られ、簡単に周囲を見て貰ってざっくりと予算を出して貰いました。

私も今回はずっと一緒に見ながら出来ますので家の周囲は元より、富士山の眺望を阻害している木の伐採・枝打ちも含めて痒いところに手が届く作業をして貰えると思っています。

任せっ放しだとどうしてもお互いの意思の疎通が図れない場合もあるし、結果二度手間にもなると言うことで今のようなサンデー毎日だとこう言う監督は打って付けなのです(爆)。

で、早速来週実行することとなりました。

来週は天気予報も良さそうだと言うことなので(私は確認していませんでしたが)。

Kさんにとっても今は作業中に変なモノに出くわす可能性も少ない時期なのでやり易いし、仕事納めの時期にも間に合うし、丁度良いのでしょう。

私もスッキリした状態で正月を迎えられるのは極めて有り難い、ことです。

お支払いは年が明けてからと言うことで了解して頂きました。私の主だった今年の支払いは終わったと言うことで...。

この種の作業は明確にコスト計算が出来るモノではありません。要は依頼主と業者との人間関係だけです。

お願いの仕方が良ければ業者も多少の数量はそのコストの範囲内に収めてやってくれます。

今回も成り行き次第で伐採対象が増えるかも知れませんが全て込み込みです。

前回は3年前でしたので今回で私の生きている間はやらなくて良いようにしたいと思っています。

Kさんも私以上に高齢者なので次回は望めないかも知れないので...(爆)。

こう言う作業は業者次第なので誰にでも同じようにやって頂ける保証はないのです。

その意味でも今回、お互い間に会って良かったと思っています。

勿論Kさんがこのブログをお読みになることはないと思いますが、アップ後くしゃみされるかも知れませんね(´,_ゝ`)プッ。

|

« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四季折々の庭 | トップページ | 富士山定点観測 »