« 富士山写真集(7~12月) | トップページ | 四季折々の庭 »

2011年1月 1日 (土)

「ダイナミックオーディオ リストラ」と言う話

正月早々私はびっくりしました。

ご存知の方には旧聞の話かも知れませんね。

実は本日私のブログに標題↑の検索ワードで来られた方がいたのです。

私のブログの10大ニュース過去記事でしたが、そこにはサウンドハウスの厚木店長との思い出等も書いてあります。

現在、私は2年ほど前にリストラされ、極めてギリギリの質素な生活に追いやられています。

年始の挨拶にも書きましたが、今年が正念場でその先は仄かな灯りが見えて来るであろう、と言う様なことを書いたのですが、まさかあの厚木店長のサウンドハウスが閉鎖され5555に統合されていたとは知りませんでした。

人の生死、企業の運命、国の将来何れをとっても全く先が見えない、いつ何が起こっても不思議ではないのは良く分かっている積りですがお世話になった方が突然のリストラで現在の動向は不明と言うのは何だか寂しいことです。

思い起こせば’07.1にLP12フルセットを導入し、そのセッティングの為、厚木店長自ら機材の搬入をして頂いたのでした。

丁度4年前です。

その後も千葉のキャンディーでお会いし、又翌年の2月にはサウンドハウスでDD66000の試聴をすると言うので参加しました。

それで当時、DD66000購入を前提に考えもしたのですが、如何にも高く大きく重量もあるので断念、その後S9900が発表されたのに伴い、宗旨替えをしてこれなら中古市場の価格次第では現実味があるかな、と言うことで何年先か分からないけれどお願いしますね、と厚木店長に気持ちを伝えお願いしたモノでした。

その後昨年の今の時期になってサーロジックの村田さんからそろそろSPを作るよ、と言う話を聞き、価格も更に手頃になるのでそれではお願いします、と言うことで厚木店長にはS9900の件の断りを入れたのです。

私なりのけじめですが、まさか1年も経たない内に厚木店長ご本人がリストラに遭ってしまうとは本当にびっくりしました。

ダイナミックオーディオの内情は分かりませんが、オーディオマニアの方の中では厚い信望を得ておられた方と私は思っています。

販売店側の人間としては珍しく親身にユーザーの立場でやっておられたように思います。

どうでも良いような店主や担当者が多い中、彼がリストラされたことが残念です。

勿論彼のことですから、早晩新機軸の試みをやってくれるのではないかと期待しています。

今だから合点が行くのですがLP12導入後毎年マラソン試聴会には必ず彼から招待状が届いていました。

勿論遠隔地とお金がないので行けませんでしたが。

それが今年はなかったのでいつも参加しない人には出しても仕方がないと判断されたのかな、と思っていたのでしたが、↑のようなことと関係があったと言うことが今になって分かりました。

念の為お気に入りに登録していたダイナミックオーディオのブログを見てみましたら、サウンドハウスの記事は当然ありません。

更に先月発売されたステレオサウンドの記事にもその存在はありませんでした。

たまには見ていたのですが、まさかまさかの見落としで今に至りました。

今後の厚木さんの捲土重来を期待しています。

追記

ダイナミックオーディオトレードセンター店長として頑張っておられる様子です。

一安心しました。お元気で...。

|

« 富士山写真集(7~12月) | トップページ | 四季折々の庭 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士山写真集(7~12月) | トップページ | 四季折々の庭 »