« 年金受給権者「現況届」提出のお願い | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.7) »

2011年4月 7日 (木)

ライフスタイルの見直し

今回の原発事故を受け、電力供給に支障が生じ、今後は相当の期間この状態が続きます。

今は皆で協力し合って限られたエネルギーを上手に利用して生活をすることを真剣に考えなくてはならないですね。

と言っても3~40年前の生活に戻れる訳はないので現在の湯水のようにジャブジャブ使っていた状態を工夫することしかありません。

問題は各自の節電意識に掛っていると思います。

つまり、今回の強制停電を体験した人は少なくとも未経験者よりは電気の有難味を実感した筈です。

何が言いたいかと言うと、体験しない人が節電すると言っても多寡が知れていると言うことです(文句があるならやってみて下さい)。

勿論体験者の中でも普段裕福な生活をしている人は強制停電にならず節電レベルでOKとなるとどこまで真剣に取り組むかは極めて微妙です。

こう言う非常事態になるまでもなく生活基盤が維持出来なくて電気代のみならず生活全般を見直しせざるを得ない私のようなモノにとっては何も特別なことではありません。

電気の使用に限りませんが私はかつてのジャブジャブ使える環境から一転統制経済下のような状態に追い込まれましたので必死にどうやって生活を維持するか、からスタートしました。

既に10余年が経過しています。

ここに移り住んで14目になりますが、暫くは失業保険等で食い繋ぎ、その後も退職金を食い潰しこれではいけないと思うようになってやっと本腰を入れてなりふり構わず就職先を探し、かつ又ライフスタイルの再構築を余儀なくされました。

ここまで追い込まれなければ出来ないかと言うとそうでもないとは思いますが、今の節電対策は日本全体の問題ではありません。東京電力管内の問題です(勿論他電力管内の方も賛同して下さる方もおられるでしょう)。

そしてそれは大枠内での問題なので未だゝ個々人にとっては真剣に考える状態にまで追い込まれているとは到底思えません。

勿論私個人も計画停電のようなことをしないで、つまり節電の徹底だけで乗り越えられるのならそれに越したことはないと思いますが、どこまで真剣に個々人の問題として認識されて行くのか、甚だ懐疑的なのです。

つまり私一人なら大丈夫、何て言う考えの人がどの程度いるかによっても直ぐにパンクしてしまいます。

私は先日の被災地見物と言うバカなことをした人が数多くいる報道を見て政府が今検討している性善説に立った案がどれほど功を奏するか非常に心配しています。

並行的に現在実施中のエリア別計画停電の是正版として除外エリアを設けることなく(仮に設けるのであればその理由を周知して納得させる努力をすること)拡大エリアを設定し、思うように行かなければ実施すると言った腹案が必要だと思います。

別に脅す訳ではないけれど要請では徹底・浸透しないのも事実だと思います。少なくとも現在除外された方々にとってみれば何も普段と変わらなかった訳ですから。

その意味では現在の計画停電は痛みを分かち合うと言う点からも実に不十分・お粗末な計画だったと言えます。

今日のニュースでも色々と策を講じて徹底を図るようなことが検討・報道されていますが、真剣に我が身に置き換えて出来るようにならない限り成功は難しいと思います。

私は↑のように既に徹底した収支管理をしていますので充分協力していると自負していますし今後も引き続き節電に努めたいと思っていますが、要は皆さんの心掛け次第でしょうか。

政府のお手並み拝見です。

|

« 年金受給権者「現況届」提出のお願い | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.7) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

せせらぎさん、今日は。
散歩は色々と出会いがありますね。ここは山なのでその機会が少ないのですが...。
>いつも迎えてくれる「ワン子」今日もしっぽを振って待ってくれた。愛犬を亡くした私の楽しみです。
犬って、どの程度の記憶力があるのか分かりませんが、一度親しくなると結構間隔が開いてもちゃんとそれらしく振舞ってくれますね。余程人間より行儀が良い。(爆)
>ライフスタイルの見直し
計画停電!悪い考え=電気をいっぱい使って東京を大停電にする。計画停電されている地区の気持ちをわからせるため。どこかで悪魔が言ってました〜
ホンと最悪時はそう言うことだと恐らく理解していないのでしょうね。
大都会は大混乱するでしょうね。昼間でも地下はどうしようもないでしょう。
ここは昼間の停電はどうってことないし、夜はいつも周辺は真っ暗だし。(爆)
悪魔の囁きが現実にならないように真剣に見つめ直して欲しいモノです。

投稿: EVA | 2011年4月 7日 (木) 15時07分

また来たせせらぎです
散歩はお昼前に行きました。途中でご近所さんにあった。
93歳とかのお姑さんを車いすに乗せて歩いていた。
声をかけそびれてお辞儀だけした。おばぁさんなんだけど久し振りに横目で見たが、別人になっていた。
元気な頃はこの辺を仕切っていた、でしゃばりさん。見る影も無い。
 いつも迎えてくれる「ワン子」今日もしっぽを振って待ってくれた。愛犬を亡くした私の楽しみです。
  ライフスタイルの見直し
人は追いつめられなければ変わりません。
予想をして早めに見直せればいいんだけれど〜

計画停電!悪い考え=電気をいっぱい使って東京を大停電にする。計画停電されている地区の気持ちをわからせるため。どこかで悪魔が言ってました〜

投稿: せせらぎ | 2011年4月 7日 (木) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年金受給権者「現況届」提出のお願い | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.7) »