« マイホーム悲惨!! | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.14) »

2011年4月14日 (木)

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家~読売新聞

先程ヤフーのニュースで見ました。

読売新聞によると

日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

M9.0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

メカニズム上、M8級の可能性は否定出来ないのかも知れないし、震源地が陸から離れればそれだけ震度そのものは弱くなると言っても今こんな↑津波が押し寄せて来たらどう防げば良いのでしょうか。

又ゝ大惨事の再来となってしまう。

今、出来ることっていつ起きるか分からない、地震に備えて避難することしかないのでしょうか。

頭の良い人へ

地震の予知だけではなく、では被害を最小限に食い止める為には今何をすべきか考え、そして答えを出して上げて下さい。

お願いします。

|

« マイホーム悲惨!! | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.14) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイホーム悲惨!! | トップページ | フーテン老人徘徊記(4.14) »