« フーテン老人徘徊記(5.8) | トップページ | DCアンプの実力 »

2011年5月 8日 (日)

自然エネルギー活用した手作り「発電所」“地産地消”を目指す

電力の“地産地消”を目指した取り組みが相模原市緑区で行われている。

旧津久井郡の豊かな自然環境の中で、地元住民の有志が自然エネルギーを生かした手作りの「発電所」を開設。

生み出した電気は農作業用機器の動力などに活用している。住民たちは「地域でつくった電気を、地域のために生かしたい」と意気込んでいる。

取り組んでいるのは、大手電機メーカーの元エンジニア奈良義郎さん(57)を中心に集った同区長竹地区の住民有志による「串川発電倶楽部(くらぶ)」。

直径約60センチの米国製風車と太陽光パネル3枚を商社から購入。

太陽光パネルは農作業小屋の屋根に設置し、風車は小屋脇に建てた高さ約3・5メートルの鉄柱に取り付けた。

改造した自転車に軽自動車用のダイナモ(発電機)をつなぎ、ペダルをこいで電気を生み出す人力発電機も開発。

自動車整備工場や鉄工所などに勤めるメンバーが自分たちの特技を生かし、「試行錯誤を楽しみながら」半年弱かけてトタン造りの小屋を改築。

10年3月、茶畑などが広がる農地に「長竹自然力発電所」を開設した。総工費は約80万円で、一部は市の交付金を充てた。

発電した電気は、最大1・3キロワット蓄電できるバッテリーにためる。畑仕事で使う草刈り機などの動力として活用するほか、畑に発光ダイオード(LED)電球を設置し、夜間の農地を彩るイルミネーションを行っている。

条件が整えば最大850ワット発電できる仕組み。今後は、水力発電への挑戦のほか「暗くて危ない通学路に防犯灯を設置し、つくった電気で地域を明るくしたい」と夢を膨らませる。

奈良さんは、原子力発電所などの大規模施設に電力供給を頼る現状から、将来的には分散型の供給体制に移行すると予測。「倶楽部の活動が、電力の“地産地消”への理解や促進に向けた第一歩になれば」と話している。

大規模給電型から小規模給電型へのシフト、良い考えですね。対象によって使い分ける方式はこれからの主流になるかも...。

|

« フーテン老人徘徊記(5.8) | トップページ | DCアンプの実力 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フーテン老人徘徊記(5.8) | トップページ | DCアンプの実力 »