« 訪問者が20000名を突破しました。 | トップページ | フーテン老人徘徊記(5.7) »

2011年5月 7日 (土)

浜岡原発の停止要請に当たって

浜岡原発の原子炉格納容器の設計者・後藤政志工学博士は、「浜岡(原発)は、一番地震が予想されていまして、前から耐震上の問題、設計上の問題も心配になっていたというのが現実です。

もともとの設計が、想定した地震が小さかったわけです。

浜岡(原発)を最初にとりあえず止めるというのは、非常に妥当だというふうにわたしは思います」と述べた。

今回の菅首相の停止要請に当たって需給ギャップも何とかクリアー出来そうだと言う見解の元、↑のような設計者・後藤政志工学博士のコメントが紹介されていましたが、「想定」と言う仮定の元でのこう言う推進事業は原発に限らず枚挙に暇がない筈です。

つまり数十年単位での見直しをきちんとやっていれば当時OKな工事でも不具合は出て来て当然。

科学の進歩も当然ある訳で寧ろ作ったが最後そのまま使い続ける無神経さの方がおかしいと思わなければ行けないでしょう。

今後他地区の原発でも本当に大丈夫かの検証もするべきでしょうし、国民挙ってライフスタイルの見直しを真剣に考えなくてはならないでしょうね。

地震に関してもここは大丈夫だなどと言う地域は存在しません。

日本、いや地球と言う星に住んでいる以上、人類皆運命共同体なので下らない争いなどもっての外ですし、もうチョッと地球に優しい住まい方を模索すべきです。

人類の末永い繁栄を本当に考えるなら危険と隣り合わせのシステムは排除して行かなくてはなりません。

国のあり方を根本的に見つめ直し、生産性のあり方から生活のあり方まで智恵を出し合って今回の悲惨な原発事故が無駄にならないようにより良い方法を皆で考えましょう。

|

« 訪問者が20000名を突破しました。 | トップページ | フーテン老人徘徊記(5.7) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訪問者が20000名を突破しました。 | トップページ | フーテン老人徘徊記(5.7) »