« フーテン老人徘徊記(5.13) | トップページ | 今夏の計画停電、予定通り東京23区は除外 »

2011年5月13日 (金)

東電への債権、金融機関に放棄を期待…枝野長官~読売新聞

事故発生前の東電の借入金について、金融機関が一部債権放棄することに期待感を示した。

同時に、東電への公的資金注入は、金融機関の一部債権放棄が前提となるとの認識を示した。

枝野氏は「一切債権放棄がなされなくても公的資金投入に国民の理解は得られると考えるか」との質問に、「3月11日以前の融資については、お尋ねのような(ことで)、国民の理解が得られるかと言えば到底得られないと思う」と述べた。

政治家がこんな圧力を銀行に掛けて良いのでしょうか。

銀行だって今まで色々な局面で企業に支援して来ており、決して余裕はない。

銀行まで共倒れになれば結局国民にツケが回るだけです。

それ以前の問題として東電が本腰を入れてリストラをやるかどうかです。

それを見極めてから判断しても決して遅くはない。

それ以上に政治家自身、人員削減をやってコストの削減を図り、支援に回しては如何でしょうか。自らが血・汗を流さないで奇麗ごとばかり言っても駄目ですよ。

先に債権放棄ありではないでしょう。・・・元銀行員よりo(`ω´*)oプンスカプンスカ!!。

|

« フーテン老人徘徊記(5.13) | トップページ | 今夏の計画停電、予定通り東京23区は除外 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フーテン老人徘徊記(5.13) | トップページ | 今夏の計画停電、予定通り東京23区は除外 »