« 朝パリを聴く | トップページ | フーテン老人徘徊記(6.13) »

2011年6月13日 (月)

貧乏生活で学んだこと!!

貧乏生活は出来ることなら誰しもしたくはないでしょう。

決して楽しいモノではありませんから...。

私が思うに希望して貧乏になりたいと言う人はいないでしょう。いるとすればそれは本物の貧乏ではなく興味本位としか思えません。

私も人生全て貧乏ではありませんでしたので余計にその落差を実感しています。

貧乏も金持ちも頭の出来と似たり寄ったりではないかと思います。

つまり程度問題です。

大金持ち以外は少し舵取りが狂うと奈落の底へまっしぐらです。

尤も大金持ちでも政変とか想定外の出来事があれば同じですが...。

頭の出来も天才は別として学問上の程度では大差ありません。

天才も言い換えれば常識的なことが出来ないケースがまま見られますのでまぁ、程々が良いのかも知れません。

話が飛躍しました。

本題に戻ります。

貧乏生活で何を学んだか。

簡単に言うと使える資金が少ない(若しくはない)ので買いたいモノも直ぐ(若しくはずっと)買えない。つまり我慢することが身に付きます。

ただ、これで終われば余り意味がないのですが、我慢することで当然無駄遣いはしません(出来ません)。

又使えるようになるにも時間(貯めるとか、で)が掛るのでターゲットの吟味が時間を掛けて出来る。

これは私の趣味であるオーディオにも言えます。

今は欲しくても手が出せないし、現況で出来ることをやるしかありません。

その意味では遅々とした進展しか見込めませんがこれが実に良い結果を齎してくれる場合もあります。

何が不満とか言って直ぐにお金で対処療法するのは外科手術と同じです。

手術は治療ではありません、切除しているだけですから。

悪いところを切除した結果、バランスが取れている体になる訳がありません。アンバランスを以て良しとせざるを得ないだけです。・・・それが出来た若い時はこれの繰り返しでした。

オーディオはバランスが大切です。アンバランスとなって良いことは何一つありません。

見た目重視する人には耐えられない光景も中身が第一と思っている人には関係のない話です。

このように対極にある人は相要れない訳ですから別に妥協して付き合う必要もありませんし、人は人でお互い干渉する必要もありません。

貧乏人の取る道は限られています。そう極めて選択肢は狭いのです(;´Д`A ```。

更に言えばプラスαなしで今ある環境をどう活かすか、活かせるかを考えるだけです。

これってやり出すと結構楽しいですよ。

私と同じような環境にどの位の人がおられるか存じませんが貧乏人ならではの安上がりオーディオも又楽し、でこの先も暫く続けようと思っています(=本音はこうするしかないのですが...゚゚(´O`)°゚)。

|

« 朝パリを聴く | トップページ | フーテン老人徘徊記(6.13) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

せせらぎさん今日は。
>貧乏生活!
これも楽しめる余裕がある位なら本当の貧乏ではないでしょうね。
ただ、その時は辛くても後で懐かしく思えるようにしっかり対峙した生活をしていたい。そうでないと多分、脱却出来ないでしょう。(子供の頃は自分が稼ぐ訳ではないので別ですが...)
>人生の勉強時代の始まり
順風満帆に人生を送った人は余り成長出来ません。壁にブチ当たったりして大きくならなければ詰らん人になります。
波がある分、年輪は刻まれ、人の質は向上するでしょう。
最後を迎える時も感慨が沸くと思います。(実際はそんな余裕はないでしょうが)
>貧乏って考えますね。工夫をしますね。
若かったから貧乏を楽しんでそして抜け出しました。
今は年金貧乏です。ははは〜
年金貧乏は平均的な家庭でしょう。これからはやり繰り上手な人が生き残る番です。
私は絶対に貧乏を楽しめる生活レベルまでは這い上がりたいと思っていますよ。ははは〜

投稿: EVA | 2011年6月13日 (月) 14時27分

こんにちはせせらぎです
貧乏生活!子供の頃は貧乏だったかも、時代が貧乏だったから もしかしたらいい方だったかも。
 大人に成って結婚した。(あ〜当たり前か)
子供が産まれる頃夫殿は人の二倍働いてくれた。
私はママ母に育てられましたから、結婚資金も夫殿と二人で貯めた。
車も買い当時では早めのカラーテレビも。
そんな時父が安定した仕事に就いた方がいいと、転職をすすめた。
それからが人生の勉強時代の始まりです。
収入が半減したのです。お金の使い方を学びました。
貧乏って考えますね。工夫をしますね。
若かったから貧乏を楽しんでそして抜け出しました。
今は年金貧乏です。ははは〜

投稿: せせらぎ | 2011年6月13日 (月) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝パリを聴く | トップページ | フーテン老人徘徊記(6.13) »