« カード決済の変更手続き | トップページ | 東電配電線周りの伐採の件 »

2011年7月20日 (水)

食品の安全性の担保

掲記の件、私にはテーマが大き過ぎてとてもではないけれど捌き切れません。

でも、日々口にしている以上その安全性については注視しなくてはいけません。

今は肉牛だけに限定されているかのように見受けられますが、空気中に散布された放射能は距離もさることながら、ターゲットはまさに無差別です。

たまたま今回こう言う風に騒がれているので私も週に何度かはディナーサービスと言うおかずの宅配を利用しているので電話して担当者に聞いてみたのです。

聞いたところで本当のことが返ってくるかどうかは分かりませんが、一応話している雰囲気である程度は分かります。

尤も放射能汚染されていようとも60歳を過ぎた私が口にしても死ぬまでの時間を考慮すれば特別問題はない可能性の方が高い。

ただ、企業の姿勢として問うたまでで小さな子供が摂取することを前提に安全第一を考えて仕入れ先等にも充分確認し、日々仕事をしていると言うことなのでその姿勢を維持するようお願いしますとお伝えした。

大手のスーパーでさえ、チェックがなされずすり抜けている現状どこまで信用出来るか分からないですが、利用者が個別に問題提起をすれば普通の企業であれば多少は気に掛けてくれるだろうと(甘いとは思うが)一縷の期待を込めてやりました。

それにしてもこのままでは日本全国安心して食べられるモノがなくなってしまいそうです。困ったモノです(;´Д`A ```。

|

« カード決済の変更手続き | トップページ | 東電配電線周りの伐採の件 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カード決済の変更手続き | トップページ | 東電配電線周りの伐採の件 »