« 食品の安全性の担保 | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.20) »

2011年7月20日 (水)

東電配電線周りの伐採の件

7/20やっと作業に着手してくれた。

その前段として7/12PM7:00頃に東電の子会社から電話があり、7/20AM8:30から作業します、と連絡があったのでした。

7/19現在の予報では台風が7/20に静岡に接近すると言うことなので私は東電に電話して状況によっては無理をすることないのでと伝えましたが、今朝予定通り8時過ぎには到着してスタンバイしていました(;´Д`A ```。・・・結果的に雨はそれほど酷くはなかったので良かったです。

予定を決めたら中々変更出来ない理由は分かりますが、事故がないことを祈ります。

実は我が家の隣地の木がどんどん成長して配電線に接触しているので伐採をお願いしていたのです。

依頼したのは実に昨年の12月の終わり頃。

オーナーに連絡して実施するので時間が掛るのは承知していたが、6月も終わり7月に入っても何も始まらない。

原発事故で色々忙しいだろうことは充分承知しているが何も全員が原発事故の復旧をしている訳でもなし、常日頃のメンテナンスも大事な仕事です。

と言うことで7月に入って連絡しましたら、休み明けの7/4に連絡があり、今月中に作業するとのこと。

と言うことは既にオーナーとは交渉は終わっており、実施時期を検討している段階であったと良い方に理解することにしておこう。

ただ言わなかったら未だ先延ばしになっていた可能性はある。

お任せにしているといつまで経っても終わらない、と言う昨今の東電の姿勢が垣間見えた。

たまたま担当者とは何度も顔を合わせているので催促したら一気に話が進んだのでしょう。

今日の作業で非常にスッキリしたので私が生きている内は大丈夫かな。長生きし過ぎないようにしょう。

本日雨の中、作業して下さった皆さんには感謝します。有難うございました。

|

« 食品の安全性の担保 | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.20) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食品の安全性の担保 | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.20) »