« お買いもの | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.9) »

2011年7月 9日 (土)

MJ8月号を見た。

昨日10時過ぎ電話が鳴った。

誰からだろうと電話を取るとそれは本屋からでした。

今頃何かなと用件を聞くとMJが入荷したとのこと。

何でも土曜日は配送されなくて日曜日は勿論休みなので7/8の入荷となったのだそうです。

そう言えばDCアンプマニアさんがMJ8月号の記事を確か7/6にアップしていたなー、と思い出した。

久し振りに秋葉へ行った序に買ったようなことが書いてあったがさて、本来の目的は何だったのでしょうか(爆)。

その秋葉の本屋は私がかつて東京に住んでいた時は私もタイミングが合えば10日より前倒しで販売していたことを知っていたのでたまに利用していました(まさか2日も前倒しとは知りませんでした)。

私は東京を離れて既に14年が経っているのですが、確か当時は決して若くないおばちゃんが狭いスペースに陣取って客を捌いていたことを記憶しています。

今も現役だとすると70歳以上にはなっている筈(飽く迄も見た目の記憶なので正確ではありません)。

でも何故あそこだけ(かどうかは確認していませんが)早いのかそれが分からない。

ある意味不公平でしょう。別に1~2日早く入手して得するようなこともないと思うので。

ただ、当時は今みたいに未だネット社会が成熟していなかったので情報入手と言う点で+αがあったのかな(部品交換欄等は注意書きがあったが矢張り早く手を上げた人がどうしても優先されるとは思う・・・最近はこの欄の利用者も減ったような気がする)

今やオークション等の方が価格が吊り上がるので売り手にとってはオークションの方が楽しみはあるでしょうね(私も昔、随分この欄(売り・買いとも)でお世話になったので当時から今のようなオークション(いつ出来たのか存じません)があればどれだけ潤ったかと思っています。)。

その他の情報は本よりも早く情報は飛び交っているケースの方が多いので余り意味がないように思うけれど...。

とまぁ、こんなことはどうでも良いけれど私はDCアンプマニアさんみたいに自作する訳でもないので今はこう言う本は単なる活字を読むことでのボケ防止と最新?情報並びに世間の動向音痴にならない為に保険を掛けているようなモノです。

と思いながらペラペラめくってみたけれど矢張り特別気になる記事はありませんでした(爆)。

ひとつだけ、ゾノトーンを主催している前園俊彦氏のオーディオルームが掲載されていた。

相も変わらずのパターンでマンションの狭い空間にこんなぎちぎちに詰め込んだ状態の部屋で音楽を奏でたって碌な音はしない。

これは試聴室でもあるようですが、こんなところで音決めをして値段だけバカ高い魑魅魍魎のケーブルを世に出しているのかと思うとゾッとする。

大体想像が付きますね。私は絶対買わない。この人はケーブルのことをどれほど理解しているのでしょうか。歩んで来た履歴を見るとオルトフォン時代プロデュースしたとあるがどれほどのものか。

趣味でやる分なら全然構わないがこれをビジネスにしている神経が分からない。

|

« お買いもの | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.9) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お買いもの | トップページ | フーテン老人徘徊記(7.9) »