« 島田紳助の騒動に思う | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.27) »

2011年8月27日 (土)

民主党代表選の茶番

相も変わらずの国民不在の茶番を演じている。

時間のなさを良いことに政策が殆んど語られず、ズルズルと決着の時を迎えようとしている。

党の最高指導者、ひいては日本国のリーダーを選ぶことに繋がる代表選なのに、この内容のなさは何なのでしょうか。

いつまでも院政じみたことをして党を操るO沢とH山、一人は党員資格停止中だし、ひとりはかつて引退を発表した人物。

こんなどうしようもない人物に翻弄されている5人の候補者もハッキリ言ってだらしがない。

M原は政治資金規正法で職を投げ出した前科がある。その後きちんと対応していれば、と言うことを鑑みても手ぐすね引いて待っている野党の追及は必至だろうから彼が首相になっても又政治がストップしてしまう可能性がある。

脱O沢を言い切っていることは評価出来るが肝心要の党員がそれを評価出来るか、でしょう。

実に情けない党だ。

もうひとりを除いて皆O沢に秋波を送り票の上積みを図ることばかりに躍起となっている。

簡単に前言を翻すことに躊躇いがないと言うか恥知らずな連中です。

骨のありそうな人はM渕だが、この人はこれまでの実績が今一分からない。

でもこの際、過去にイチモツを持つ人材にリーダーになって貰うより新鮮な空気が政治に送り込まれることを期待したいモノです。

結果として我々国民不在の首相選び、少しでも明日に希望が持てるようにして貰いたいものだ。

震災後の復興は勿論、原発による被災者の皆さんへのプレゼントは何よりも元気を与え希望が持てる将来を見通せる政治です。

私は↑のようなことばかりやっている民主党を見るに付け絶望と言う文字が我が脳内を支配することを否定出来ませんがそんな中でも新リーダーによって一縷の光明が見出せられることを期待したい。

何とかしてよ、これが今の率直な気持ちです。

|

« 島田紳助の騒動に思う | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.27) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島田紳助の騒動に思う | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.27) »