« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | 電気代(23) »

2011年9月10日 (土)

富士山を愛でながら音楽を楽しむ

これ↑は私の最大のテーマの一つでもあります。

この地に終の棲家を建てた理由はこれに尽きます。

20年前に家を建てた時にこの目的は達成していましたがその内容は惨憺たるものでした。

富士山に関しては今年初めにやっと私が描いた80%程度が達成出来ました。

音楽に関しては未だ70%未満の体たらくですが、先月終わりにCapriceをLowestで使うようになって漸くアナログにデジタルが近付いたと言う段階になったと思います。

これでそれぞれの持ち味をより良く発揮させ楽しむことが出来ます。

富士山を眺めながら音楽を楽しむことの出来る環境はそう多くはないと思います。・・・これ自体その人の価値観ですから別にどうってことはないです。私はそう言う生活に憧れた、と言うだけです。

富士山を見るだけならそう言う家も多いと思いますし、又その見え方が問題なのでそれぞれの判断がポイントになって来ると思います。

オーディオルームからも全景の70%程度は見えるので私は今まさにやったね、と言う感じで人生の終盤戦に入った今を満喫しています。(2階からは麓から全てが一望出来る)

そんな環境下で聴く音楽が悪かろう筈はありません。(と思っています)

まぁ、富士山と音楽に直接の関係は全くありませんが人間てシチュエーションにとても左右される生きモノです。

矢張り雰囲気は大切です。と言っても夜は雨戸も窓も閉めるし、開けていても当然真っ暗なので何も見えませんが...。(爆)

先日来気温の低下と共に富士山もハッキリクッキリ見えるようになり、音楽もこの時期気温の問題からも一番適温状態と言えるでしょう。

長くは続かない限られた時間ですので大切に目で耳で楽しむようにしたいと思います。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | 電気代(23) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

takeotさん、今晩は。
>富士山を見ながら音楽を楽しむ!
平均的な日本人の夢を具現しただけですね。
>マーク・アントワンのCD
丁度今、聴いていますよ。Lowestで聴く演奏は素晴らしいです。
>もう少しで聞けそうです!楽しみにしております!
切れと爽快感があって楽しめるアルバムです。
そうそう、先程otoさんから電話があって非常に興奮した様子が伝わって来ました。
全然別次元の音に変貌したそうで危うく失禁しそうになったとか。(これは冗談ですが)
これからは機器の故障等で入れ替える際徐々にグレードダウンをして弁当箱オーディオにするとか言っていましたよ。これは本当かどうか分かりませんが元が良くなっているので相当グレードが落ちない限り良い状態をキープすると思いますので是非グレードダウンをして貰いたいと思います。誰もが手に入れ易いモノでどの位のレベルが維持出来るかそれが今後の楽しみです。

投稿: EVA | 2011年9月10日 (土) 20時07分

EVAさん今晩は!
富士山を見ながら音楽を楽しむ!日本人の憧れの生活を体感されていますよね?
しかも音楽は最高の状態で聞けると言うことは更に素晴らしいですね
羨ましいです!
そういえば、otoさんが、今回試聴するCDの中で紹介されていたマーク・アントワンのCDですが、EVAさんお勧めのCDということで先月お邪魔した時に聞かせて頂き、気に入ったので、CDのジャケット写真を写してきたのですが、ピンボケで名前がわからず困っておりましたが、今回分りましたので、中古を頼みました!もう少しで聞けそうです!楽しみにしております!

投稿: takeot | 2011年9月10日 (土) 19時53分

せせらぎさん、おはよ~。
>富士山と会話しながらの音楽鑑賞、いいね〜
良いですよ~。
未だ恐れ多くて会話したことはないですが。coldsweats01
>私もこれから窓をのぞく楽しみが・・・
散歩道からの勇姿もいいですよ。
今散歩から帰って来たところですが、こちらは木の繁り方が凄くて見える場所はごく僅かです。
足を少し延ばせばビューポイントは幾らでもありますが自宅から見えるのが何も増して至福の喜びです。
これからの季節は富士山が少しづつ化粧をして益々奇麗になりますので楽しみですね。

投稿: EVA | 2011年9月10日 (土) 08時44分

おはよ〜せせらぎです
富士山と会話しながらの音楽鑑賞、いいね〜
まちわびた霊峰富士です。
私もこれから窓をのぞく楽しみが・・・
散歩道からの勇姿もいいですよ。

投稿: せせらぎ | 2011年9月10日 (土) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.9) | トップページ | 電気代(23) »