« 伊豆爺徘徊記(9.2) | トップページ | ゴキブリ »

2011年9月 3日 (土)

Capriceの纏め

我が家でも先日DCアンプマニアさんの協力を得て何とか出荷時設定のLowestに戻して最上の音を堪能することが出来るようになりました。

我が家と言うごく限られた環境下での判断とネット上での判断は略一致しています。

ただ、我が家では44.1Kのみの使用ですのでその他のハイレゾ音源等のことは分かりません(興味もないし...)。

と言うことでネット(2ちゃん)に書かれていた纏めは次の通りでした。

1.バンド幅を狭くするほどに音は良くなるが、音飛びリスクが増える

2.使用機材や環境やエージングやロットや個体差などで音飛び状況は変わる

3.バンド幅は変えることができ、Midなら192kでもほぼ音飛びしない

4.96kHz以下はおおむねLowestで安定させられる

5.192kや176.4kはLowestで安定させるのが難しいが、簡単に出来る固体と、そうではない固体がある

ただ、2.のエージングについては音飛び状況とどうリンクしているのかは定かではないけれど私の経験では別の話だと思います。

エージングは馴染むと言う意味ではそこそこ必要かも知れませんが必要以上にやったところで改善されるとは思いません(そうだとすればまさにオカルトの世界です)。

要因が別にある可能性が高い。事実我が家ではそうでした。

早めに中川さんに相談された方が良いと思います。

1.2.の残りについては同意見です。3.~5.については私が必要としていない為検証していませんし今後もしません。

ただ3.のバンド幅の変更については取説に方法が明記してありますのでこれが話題になると言うことは所有者ではない方が参加している可能性が多いと言うことですね。

この記事はCapriceの所有者或いは入手ご希望の方に見て頂ければ幸いです。

なお、音質についてはこれこそ人・環境全て違うので受ける印象は全て異なって当たり前。よってここでは割愛します。

追記

スイッチング電源については我が家の環境ですがCapriceの上下の棚に搭載機器があり通電中でもLowest設定での演奏に何ら影響を与えるモノではありませんでした。

これも多くの場合、スイッチング電源犯人説は的を射ていないと思います(中には対策野放しの機器もあるかも知れませんが...)。

もうひとつCaprice自体の発熱ですが、DCアンプマニアさんの経験ではこれ位は問題外と言うことでした。

2ちゃんでも熱いゝと騒がれていたこともあり、私も多少気になっていましたので中川さんにも確認し、今回第三者意見も聞くことが出来たので安心しました。その第三者(=DCアンプマニアさん)も即購入を決め中川さんに直接注文されました。

因みに彼のブログによる評は「音が静かで優しく艶やか、非の打ち所がありません」でした。チョッと褒め殺しの感無きにしも非ずですが...(爆)。

以上、参考になれば...。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.2) | トップページ | ゴキブリ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.2) | トップページ | ゴキブリ »