« サーロジック村田さんから電話 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »

2011年10月10日 (月)

<10年度体力調査>部活経験者は実年齢マイナス20歳~毎日新聞

興味深いニュースがあった。

文部科学省が体育の日に合わせて公表した「体力・運動能力調査」では、20~64歳の成年について、学校時代の運動部での活動経験と体力・運動能力との関連も分析した。

中学・高校で運動部での活動を経験した人は、経験しなかった人に比べて最大で20歳ほど若い人と同じ程度の体力があることが分かった。

体力テストの合計点(60点満点)の平均値は、男子は40~44歳の中学・高校の運動部経験者(35.85)が、25~29歳の未経験者(35.43)を上回った。

また、女子も45~49歳の中学・高校の運動部経験者(36.17)が20~24歳の未経験者(34.67)より高かった。

文科省は「継続的な学校時代の運動部での経験が、その後の運動・スポーツ習慣につながり、生涯にわたって高い水準の体力を維持するためには重要だ」と分析している。

~~~~~~~~

これを見て私は今の自分の不甲斐なさにグヤジイ~思いを抱いた。

私も中学生の時はバスケットを2年ほどした経験があるけれど確かに数年前までは体力に衰えがあるとは思いもしなかった。

それが急にここ2~3年の内(つまり60歳を境に)にガタが来て今は歯痒い思いをしている。

40年以上のストレッチ(自己流:腹筋・腕立て伏せ・竹の足踏みetc)を日々朝夕続けて来てこのザマだからやっていなかったらもっと酷いことになっていたと思われる。

今は30分程度の山道(アップダウンが多い)の散歩が日課となったがこう言うレポートを見ると私の場合、年齢間でのバトンタッチが上手く出来なかった訳で非常に残念です。

今となっては仕方がないのでこれ以上の劣化・老化を進行させないように日々努力するしかない、と改めて思いました。

体力がないと楽しさに結び付かないケースが多いのでやっぱり健康第一です。今頃分かっても遅いが...。

|

« サーロジック村田さんから電話 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サーロジック村田さんから電話 | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.10) »