« CORRINNE MAYを聴く | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.20) »

2011年10月20日 (木)

今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想~週刊ポスト

10/28号の週刊ポストの記事です。

10月1日の暴力団排除条例の完全施行により、NHKは紅白歌合戦に出場する歌手の人選に慎重になっている。

そこで、本誌は今年の紅白出場歌手リストを予想してみた(下記参照)。

これまでの出場歴や今年のヒットチャートの動向、複数のNHK関係者の証言、過去の暴力団交際報道、そして本誌が1か月にわたって報じてきた「丸の内特捜班」の捜査情報から、人気と実力に加えて“安全・安心”と思われる歌手やグループを選んだ。

これまでの紅白の顔ぶれとはガラリと変わる、衝撃的な結果がでた。

過去5年の紅白と比較すると、出場者に占める演歌歌手の割合は8割ダウン、平均年齢が15歳近くも若返るという異様な光景だ。

2011年NHK紅白歌合戦・本誌予想「出場歌手リスト」
※並び順は、本誌予想の登場順

【紅組】
芦田愛菜
ももいろクローバーZ
ハロー!プロジェクト(モーニング娘。・℃-ute)
さくらまや
AKB48
KARA
少女時代
加藤ミリヤ
YUI
クミコ
いきものがかり
中島美嘉
aiko
黒木メイサ
椎名林檎
夏川りみ
平原綾香
森山良子 
DREAMS COME TRUE
レディー・ガガ
松田聖子
川中美幸
松任谷由実

【白組】
加藤清史郎
Hey! Say! JUMP
東方神起
COMPLEX
ゆず
ポルノグラフィティ
及川光博
猪苗代湖ズ
槇原敬之

関ジャニ∞
TOKIO
Mr.Children
南こうせつ
ジェロ
徳永英明
福山雅治
吉田拓郎
SMAP
加山雄三
新沼謙治
美川憲一
桑田佳祐

このメンバーを見て私だけでなく誰もが思う事実とは

少なくとも演歌歌手(+α)には暴力団関係者と繋がっている、若しくは疑わしい人が多いと言うことでしょう。

今までは口を噤んで来たけれど暴力団排除条例の完全施行が実施されれば仕方がない、と言うNHKの判断も変ですね~。

これまで黙認してきた事実がこれでバレバレだ。

まぁ、私はとっくの昔からこんな番組は見ていないのでどうでも良いけれど世のオジサン・オバサン方やお爺さん・お婆さんの楽しみが減ることだけは間違いないですね。

仮に↑の案が実施されれば視聴率は欲しいけれど止むにやまれぬ決断をしたとしか言いようがないですね。

これではまるで学芸会だ。間違いなく視聴率は落ちるでしょう。

|

« CORRINNE MAYを聴く | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.20) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CORRINNE MAYを聴く | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.20) »