« 我が家のオーディオは夢の途中!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.18) »

2011年10月18日 (火)

「原発なしでは電力需要はまかなえない」のうそ~通販生活’11 秋冬号

本日通販生活’11 秋冬号が届いた。

私は今買いモノが出来る余裕はないけれど読むだけでも結構楽しいので購読している。

今号で↑の記事が掲載されていた。

購読の方はお読み頂く機会があるけれどそうでない方の為に現下関心の高いモノだけにお題目でもと思いお伝えしておきます。

~~~~~~~~~

講義1

原発がなくても、既存の発電施設の電力量で需要をまかなうことができます~高野雅夫(名古屋大)。

文中の「原子力発電所がすべて停止した場合の設備容量と電力需要の比較」~出典「平成22年度電源開発の概要」

によると全国9電力会社全て賄えることになっている。勿論予備率がタイトなところはありますが...。

講義2

再生可能エネルギー普及のためには、発送電を分離することが必要不可欠です~諸富徹(京都大)。

講義3

枯渇のおそれが少ない天然ガスによる発電を増やすことが、脱原発への合理的な方法です~石井彰(エネルギー関係代表)。

講義4

大胆な政策転換によって、自然エネルギー*を普及させ、持続可能な社会を実現させる~飯田哲也(環境エネルギー関係所長)。

*:太陽光と風力に加え、水力、地熱、バイオマスの総称

2020年には自然エネルギーが30%、節電発電所(ユーザー側の節電を発電量と捉える)で20%、そして残りの50%を環境負荷の少ない天然ガス中心の火力で確保。

そして大胆な政策転換によってこの方向性が明確に決まれば2050年には全ての電力を自然エネルギー(自然エネルギー50%、節電発電所50%)で賄うことが出来る、と。

原発事故7ヶ月経っても一向に収束の気配が見えない中、放射能汚染の影響は益々広がる一方です。

我々が恐怖に陥れられている今、この問題に真摯に取り組み考えて行かなければなりません。

なお、この講義は今号が第1回で3回に亘って連載される予定です。

詳しくお読みになりたい方はお求めください。

私は通販生活の回しモノではありません。為念(爆)

|

« 我が家のオーディオは夢の途中!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.18) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家のオーディオは夢の途中!! | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.18) »