« 伊豆爺徘徊記(11.27) | トップページ | 山道(市道)の保守・点検について »

2011年11月28日 (月)

CHRIS BOTTIのアルバム

今日紹介するのはCHRIS BOTTIです。アルバムはCHRIS BOTTI IN BOSTONです。

これは中年音楽狂さんの紹介です。

ゲストもスティング、ドミニク・ミラー、ルシア・ミカレリ、キャサリン・マクフィー、ヨーヨー・マ、ジョシュ・グローバン、ジョン・メイヤー、スティーヴン・タイラーと言った綺羅、星のごとくです。

本作は2008年9月にボストン・シンフォニー・ホールで行われたクリス・ボッティのライヴを収録した作品で、この豪華なゲストたちに加えてあのボストン・ポップス・オーケストラがバックで演奏しているというモノ~ネット。

1.AVE MARIA

2.WHEN I FALL IN LOVE

3.SEVEN DAYS : STING AND DOMINIC MILLER  

4.EMMANUEL : LUCIA MICARELLI

5.I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN : KATHARINE MCPHEE

6.CINEMA PARADISO : YO-YO MA

7.BROKEN VOW : JOSH GROBAN     

8.FLAMENCO SKETCHES

9.GLAD TO BE UNHAPPY : JOHN MAYER

10.HALLELUJAH

11.SMILE : STEVEN TYLER

12.IF I EVER LOSE MY FAITH IN YOU : STING 

13.TIME TO SAY GOODBYE

彼は私にとっては初めてのアーティストです。

良いですね~。バックがオケラなので音が重厚でスケールが壮大。

そしてライブの熱気は弥が上にも良く伝わって来ます。tp演奏は熱く音は奇麗でどこまでも格好良く爽やかです。我が家は音楽のみですがCHRIS BOTTIの格好良さは音楽だけでも充分伝わって来ます。

顔が良くて演奏が素晴らしいなんて反則ですね。嫉妬心からレッドカードを突き付けたい位です(爆)。

中年音楽狂さんご紹介有難うございました。

明日以降も続けてアップしますが今回は3枚ともそれぞれに特色があって楽しめました。

今後もご紹介宜しくお願いします(爆)。

|

« 伊豆爺徘徊記(11.27) | トップページ | 山道(市道)の保守・点検について »

CDソフト」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、おはようございます。
>非常にゴージャスなつくり
ゲストも豪華で本当にお金が掛っていますよね。
私自身彼の存在そのものを全く知りませんでしたので又ひとり増えたことが大変嬉しいです。
今は日々のアップに追われていますけれど一巡したら暫くその美しいtpに浸りたいと思います。
ご紹介有難うございました。

投稿: EVA | 2011年11月29日 (火) 08時26分

EVAさん,こんばんは。このアルバム,非常にゴージャスなつくりで,Chris Bottiの本国での立ち位置がよくわかるってところでしょうか。

それにしても金が掛かってますよねぇ。お気に召して幸いでした。

投稿: 中年音楽狂 | 2011年11月28日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(11.27) | トップページ | 山道(市道)の保守・点検について »