« 伊豆爺徘徊記(1.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.4) »

2012年1月 4日 (水)

年賀状

1/4、郵便受を見たら入っていました。

私は自ら年賀状を書くことを止めて既に久しく、結果頂くのもごく限られた人になってしまいました。

そのひとり銀行の1年先輩で私がオーディオを始めて間もない時唯一と言って良い位のソフトの良き指南役でもありました。

当時ジャズには全く知識がなく(今も余り進展がないが...)彼はジャズは’60年代が良いねーと言っていました。

この話は’70代に入ってからも変わりませんでした。

’80代に入るとLPそのものもペラペラになり、録音もマルチとかデジタルに走り、益々存在感のない薄い味になって来ました。

私は東京に転勤後何度か彼の自宅へお邪魔してジャズを聴かせて頂いたモノです。

私と彼は当時共通のお気に入りメーカーでもあった西荻窪のオーディオFSKの藤枝さんのところに良く伺っていました。

当時は布団・家具屋の二階に試聴室があってそこへお邪魔して今で言うニアフィールドオーディオを楽しんでいました。

ここはまさに建物内の迷路状の隠れ家的場所で何となく当時はこう言う場所も良いねーと思ったモノでした。

その後火災に遭われて別の場所に移られ、その時の写真等は訪問された方が写しておられます。ここまでは私も何度も伺ったことがあり、懐かしい思い出となっています。

その後更に移られたとかでその場所のことは私は存じません。

元に戻って

その藤枝さんの近況が年賀状で届いたのです。

確かな年齢は存じませんが相当の高齢であることは間違いないところです。

年賀状によると一昨年に病で倒れられたと言うことです。

病状は窺い知れませんが早い回復をお祈りするばかりです。

既に20年以上お会いしていないので恐らく80歳の後半だと思います。

全快されて多くのファンを安心させて上げて下さい。

お知らせ頂いたKさんには感謝申し上げます。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.4) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.3) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(1.4) »