« aitlabo DACの音質評価(続き) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.22) »

2012年3月22日 (木)

企業向け電気料金値上げ 東電が方針転換

企業向け電気料金の件はお粗末ですね。

この時期東京電力にとってはまさにこれ以上ない崖っぷちに立たされていると言う危機感の欠如そのモノでしょう。

又こう言う時に従来のやり方でお願いしているのはチョッと前に流行ったKYそのモノでしょう。

東京電力は福島の原発事故事故以来只管低姿勢でユーザーにお願いするしかない状況下であるのに未だ昔のお役所(三公社五現業)的体質が出ているのは余りにもノー天気と言わざるを得ない。

今回の値上げの文書に至ってはまさに詐欺的行為と非難されても仕方あるまい。

言われなければそのまま値上げ出来ると考えてやったのか、このこと自体東京電力が知らなかったのか(そんなことはないだろう)分かりませんが、どっちにしても低レベルの話だ。(低レベルが良いのは放射能汚染だけ)

仮に契約条項のことを知らなかったとすればこんな企業に電気料金の絡む仕事をさせる訳にはいかない、となる。

まさにこのレベルは即東京電力解体に匹敵する。

知っててやったとすればそれは詐欺行為に他ならず、どっちになっても担当者以上の役職者が今の事態を非常時と認識していないノー天気振りと言うかネジが緩んでいるとしか思えない。

こう言う非常時は賛成がどの程度おられるか分かりませんが大阪市長の橋下さんみたいにドラスティックにものごとを進めて行くリーダーが必要なのではないか。

未だゝ手緩いと思っているのは私一人ではあるまい。

大丈夫か、東京電力!?そして日本(=何も決められない・進められない国会)!?

|

« aitlabo DACの音質評価(続き) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.22) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« aitlabo DACの音質評価(続き) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.22) »