« LINN AKIVA | トップページ | 定例検診 »

2012年3月 7日 (水)

ドアホン故障自然治癒!?

昨日いつもの通り5時半起床、早朝のパソコンチェック、と思いスイッチを入れて未だ立ち上がるかどうかの段階で物凄い雷鳴、地響きがして家がミリミリと軋む。

これは所謂東富士演習場の空振とは比較にならない。物凄い衝撃です。

それが一回きりではなかった。2度3度と続いてその後停電、この時間は未だ真っ暗です。

その後復旧して停電してが3度(多分:もう何回か忘れた。(;´Д`A ```)続きました。

そうこうしている内、時間となったので略何も出来ずにパソコンは一旦終了。

そして気が付きました。

昨年の8/20以来故障し続けていたドアホンの弱いながらもピーと鳴り続けていた発信音が消えているのです。

そしてセキュリティのボードの表示も正常になっています。

この約7ヶ月間は発信し続けていただけではなくドアホンとリンクしている自動解錠・施錠が機能していなかったのです。(・・・一部は手動でした)

それが停電のショック(としか思い当たらない)で治ってしまった。( ゚д゚)ポカーン

未だ油断は出来ませんが少なくとも1日経って変化がないようなのでそう思っています。

落雷はあったのかなかったのかは分かりませんが立て続けに起きた停電によるショック療法とでも言えましょうか。

追記

今朝診療所に行って待ち時間に伊豆日報と言う新聞を見ていたら昨日の落雷のことが載っていた。

矢張り山のどこかで落ちたらしい。我がエリアの上に位置するK別荘地を含む近隣で最大3時間超の停電となった模様です。

我が家は10分程度で済みました。落雷により高圧配電線が故障したと書いてあった。

配電ルートで差が出るみたいです。

~~~~~~~~

なおこの約7ヶ月間、今までにも停電はあったと思うがそう言う現象はありませんでした。(;´Д`A ```

こんな世界にもオーディオと同じようなオカルト的な現象があるのですね。(´ρ`)ぽか~ん

何はともあれ、良かったです。(爆)

嘘のようですがホントの話です。

追記

他にも灯油暖房の設定温度が停電により変わっていた。(18℃設定→20℃設定)勿論この時は使用していません。

パソコンは問題なかったのですがその後電源オンした時は何やら分からない英語表記で画面が埋め尽くされていました。(初めて見る画面でした)

チェックしている感じです。程なく通常画面になりましたが、これって使用している時(この時は停電で普通に電源が落ちて通電後自動的に立ち上がっていた)のことではなくその後にオンした時なので理由が良く分かりませんがその後正常に使えていますのでそれ以上追及しません、私には追求出来ませんので。(爆)

|

« LINN AKIVA | トップページ | 定例検診 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LINN AKIVA | トップページ | 定例検診 »