« LUTHER VANDROSSのアルバム | トップページ | ステレオ誌8月号の特集~音楽之友社 »

2012年4月24日 (火)

オーディオの現在と言う記事~MJ誌

今月号のMJ誌です。

最初さらっと読んだだけでそのままにしていましたが、何を思ったか再度読んでみると隔月連載の記事ですが山口孝氏の「音楽の贈り物」と言う記事の中に書かれていたことが気になったので採り上げてみました。

それは

彼の推測によると日本のオーディスト(彼が使う言葉ですがオーディオマニアのことでしょうか)は約2万人で、究極を志向する人は5000人前後だと言うことのようです。

根拠は毎秋行われるひとつのオーディオショウの入場者数の1.5倍が妥当だと思うと。

さらに現在望みうるパッケージメディアSACDの究極品質を誇るエソテリックのクラシック盤が毎回リリースする度に3000枚以上が購入されるからだと言っている。

これをどう判断するかは別にして彼の言うオーディストはそんなに少ないのと言う驚きと逆に究極と言う意味の想定は人それぞれ違うと思うのでこの数字は逆に多いような気もする。

私はSACDに何の魅力も感じていないけれど自分の志向する範囲内で究極を求めています。

まぁ、私自身は聴く環境が究極のベースになっていますのでシステム依存が中心の彼とは全然違う発想だと思います。

聞くところによるとSS誌が実売5000部位と言うことを聞いていた私は数字が符合するので何だか本当かも知れないな~と妙に納得してしまったのでした(;´Д`A ```。

5000部程度の実売数じゃ、どうしようもないね~(年4回の発売だからざっくり計算して40,000,000.-の売上)。

そんなSS誌を買う人がイコール究極志向だとは露程も思いません。誤解の無きように...。

お断り

↑に出て来た数字は飽く迄も個人の推測と伝聞に基づくモノなので全く信用するに値しません。数字が独り歩きしないことを切に願っています(;´Д`A ```。

|

« LUTHER VANDROSSのアルバム | トップページ | ステレオ誌8月号の特集~音楽之友社 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

良太郎さん、おはようございます。そして初めまして。
>この数字は正しいと思いますよ。
そうですか、何だか寂しい数字ですね。
私は絶滅危惧種と言っているのですがここまで少ないとは正直驚きです。
ホンとお先真っ暗ですね。
>ネットは匿名で掲示板に張り付いている人がいますから書き込み数の数十分の一が実数なのは常識です。
私は今月の初めを最後に一切のネット(2ch)は見ないことにしました。
下らんし、不愉快になるだけなので...。
見ないと何も気にしなくて良いので実に爽快です。
あそこは無責任集団の巣窟ですから見たからと言って何も得るモノはないし良識ある人は近付かない方が良いですね。
今まで見た経験から言うと何パターン化の話題を繰り返したり、汚ない言葉で罵り合ったりしているだけで何も進歩がありませんでした。
コメント有難うございました。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: EVA | 2012年4月26日 (木) 07時52分

時折拝見しております。
この数字は正しいと思いますよ。
昔から商社や販売店では良く言われてきたことですし。
ハイエンド機の出荷台数から見ても妥当でしょう。
むしろ問題なのはネットで必死に煽っているヘッドフォンやPCオーディオも実は同じくらいの台数に過ぎないことに注意したいですね。
メーカーのプレスリリースで出荷台数を出しているメーカーがありますから参考になります。
メディアリテラシーの問題です。
特にネットは匿名で掲示板に張り付いている人がいますから書き込み数の数十分の一が実数なのは常識です。

投稿: 良太郎 | 2012年4月26日 (木) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LUTHER VANDROSSのアルバム | トップページ | ステレオ誌8月号の特集~音楽之友社 »