« 伊豆爺徘徊記(6.9) | トップページ | サーロジック・ルームチューニングのツボ by AB誌 »

2012年6月10日 (日)

THE MANHATTAN TRANSFERのアルバム

今日紹介するのはTHE MANHATTAN TRANSFERです。アルバムはCOULDN’T BE HOTTER(’03)です。

メンバーはALAN PAUL、JANIS SIEGEL、CHERYL BENTYNE、TIM HAUSERです。

1.OLD MAN MOSE

2.SING MOTEN’S SWING

3.A-TISKET、A-TASKET

4.SUGAR

5.UP A LAZY RIVER

6.DO YOU KNOW WHAT IT MEANS TO MISS NEW ORLEANS?

7.STARS FELL ON ALABAMA

8.GONE FISHIN’ 

9.BLUE AGAIN

10.CLOUDS 

11.STOMPIN’ AT MAHOGANY HALL

12.NOTHING COULD BE HOTTER THAN THAT

13.IT’S GOOD ENOUGH TO KEEP

14.DON’T LET GO

15.TWILIGHT ZONE

16.MY FOOLISH HEART

久し振りにMANHATTAN TRANSFER節とでも言える抜群のコンビネーションのヴォーカルを聴いた。

バックの演奏とも上手く絡んだリズム良く、歯切れの良いヴォーカルは小気味良い。

聴いた後スカッとする。実に爽やかです。

|

« 伊豆爺徘徊記(6.9) | トップページ | サーロジック・ルームチューニングのツボ by AB誌 »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(6.9) | トップページ | サーロジック・ルームチューニングのツボ by AB誌 »