« ERIC ALEXANDERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.24) »

2012年7月24日 (火)

ホーム・セキュリティ

私はこの家を建てた時東京~伊豆と言う距離があったこともあり防犯上ホーム・セキュリティを設置しました。

当時はこの手のモノは未だ高かったですね。

設置して早21年経ちました。

当初の計画では少なくとも60歳までは銀行に居残る積りでしたので16~7年間は別荘として利用する積りだったからです。

当時バブルが弾け収入も目減りする一方だったことと同時に銀行の将来を考え早期退職を決意して移住も早まった訳ですがこのホーム・セキュリティ、未だにチャンと機能していると言うお話です(;´Д`A ```(転居してから一度だけ修理したことはあります)。

お断り:銀行もしぶとく合併等を繰り返して生き残っています(;´Д`A ```。

昨夜音楽鑑賞を終わって戸締りをして2階の寝室へ行く前にセキュリティをいつものようにセットすると警報音が鳴り始めたのでビックリ(これが結構大きな音なのです)。

あれ、閉め忘れがあるのかな、と思い、窓をチェックしました。

いつも音楽鑑賞時には閉めている筈の窓を開けたままブラインドを下ろしていました(;´Д`A ```。

久し振りのチョンボです(いよいよボケが始まったか...)。

と言うことは窓を開けたまま音楽を聴いていた訳です。山の中なのでどうってことないですが音量は結構出しているので冷や汗モノですね。

尤もこの時期は2階は開けたまま(寝室の気温降下対策上・・・隣室にエアコンはありますが基本的に使わない)聴くのが常ですから全く問題はないのです。

ホーム・セキュリティがあるからと言って安心は出来ませんが一応防犯・火災等には対応しているので私のようにボケが始まって??来ているモノには丁度良いかも...。

今はセコム等の簡単なシステムの方がイニシャルコストが掛らなくて良いですね。

20年以上前から警備会社の家庭向けサービスがあったかどうかは分かりませんが私は選択肢のひとつとして当初より考えていなかったですね。

現在もチャンと機能してくれていることを思うと元(イニシャルコスト分)は充分取ったと思います。

あんた(ホーム・セキュリティ・システム)は偉い。感謝!感謝!m(_ _)m。

|

« ERIC ALEXANDERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.24) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ERIC ALEXANDERのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.24) »