« リピーターの方が1,700人に到達しました。 | トップページ | aitlabo DAC 試聴評価(7/19)~aitlaboブログ »

2012年7月20日 (金)

RAY BROWNのアルバム

今日紹介するのはRAY BROWNです。アルバムはRAY BROWN、MONTY ALEXANDER AND RUSSELL MALONE(’02)です。

メンバーは↑の通りです。

私の持っているアルバムは初回限定盤のRAY BROWNのテラーク時代のベストCDが付いた2枚組です。

1.DJANGO

2.FLY ME TO THE MOON

3.BLUES FOR JUNIOR

4.HONEY SUCKLE ROSE

5.COMPASSION

6.DEXTER’S DEX

7.I CAN’T SEE FOR LOOKING

8.ONE FOR HAMP

9.DON’T GO

10.LOOK WHO’S HERE

11.YOU CAN SEE

1.TIN TIN DEO

2.CRS-CRAFT

3.TANGA

4.EN ESTATE

5.BYE BYE BLACKBIRD

6.BLUE MONK

7.ST.LOUIS BLUES

8.LAMENT

9.GET HAPPY

10.MYSTEROSO

Ⅱのメンバーは多岐に亘るので省略。

それにしても切れ味鋭い演奏で楽しめます。

このモンティとの再会セッションが最後になろうとは誰も思っていなかった。

この録音が’02.3でレイが亡くなったのは同年7月2日のことである。75歳でした。

このアルバムを聴く限り4ヶ月後に亡くなるなんてそんな気配は微塵も感じさせません。

それ位エネルギッシュな演奏です。

いみじくも前日アップしたゲリーのアルバムはこの事実を受けてのレコーディングでした。

それにしても素晴らしい演奏です。

因みにこの初回盤と同様の2枚組は非常に高い価格が付いていました。

2枚目のベスト盤もライヴ等が収録されていて非常に良いアルバムです。これから入手したいと思っている方は悩ましいところですね。

|

« リピーターの方が1,700人に到達しました。 | トップページ | aitlabo DAC 試聴評価(7/19)~aitlaboブログ »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リピーターの方が1,700人に到達しました。 | トップページ | aitlabo DAC 試聴評価(7/19)~aitlaboブログ »