« 伊豆爺徘徊記(8.27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.28) »

2012年8月28日 (火)

遠藤響子のアルバム

今日紹介するのは遠藤響子です。アルバムはHOTCHKISS(’99)です。

たまたま一昨夜寝ながら日本TVを見ていたら24時間TVで完走した北斗昌さんが出ていてそこで心が折れそうになった時いつも口ずさんでいた曲と言うことで↓が紹介されていました。

それが「輝きたいの」(’83)と言う曲です。

これは遠藤響子のアナログ時代の曲で私もそこまで遡っては持っていませんでしたがその後のアルバムで↑のHOTCHKISSとKYK STYLE(’03)を持っていたことを思い出し、比較的取り出し易い場所にあったのが↑だったので改めて聴いて見て紹介することにしました。

聴くのは実に何年振りのことだろう。

その意味でも実に新鮮だ。

そして曲こそ違えど一昨夜聴いた声が蘇って来た。

このアルバムは13年前なので若いだけあって声がしっかり太い。

味わい深くて良いですね。

それにしても↑のオリジナルのCD(中古)が2枚とも今、万を超えているようですアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!。

1.あなたの孤独

2.私の恋人

3.走れ走れ

4.取扱注意

5.ここにいる

6.花束

7.忘れておしまい

8.ひとつの思い

9.ホワイト・ガール

10.B・C・H~baby come here~

11.雨よふれ

12.ひとり

13.SWEET HOME

14.哀しいダンス

全曲聴き終えて

素朴でストレートに伸び切る透き通った声は充分魅力的です。

一昨夜はTV局の計らいで遠藤響子のサプライズ出演があり北斗昌の傍でピアノ弾き語りで歌っていました。

自分にとって掛け替えのない特別な曲があるって素晴らしいことです。

北斗昌と佐々木健介夫婦は涙で顔をくしゃくしゃにしていましたね。

マラソンの達成感と本人の生歌を近くで聴いて...。

こう言うシーンを見ると私もついつい貰い泣きをしてしまいます。

歳を取りました...。

|

« 伊豆爺徘徊記(8.27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.28) »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.28) »