« KENNY DREWのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.8) »

2012年8月 8日 (水)

庭に異変が!!

庭関係の記事は昨年の9/29以来のことですが、今日の記事はとても残念な記事となりました。

それは今朝散歩に行く為玄関を出てその先の階段を見て発見しました。

何と階段の脇に生えていたヤマユリが根こそぎ掘り返されているのです(;´д`)トホホ…。

取り敢えず、散歩に行く道だけしか分かりませんが略全滅です。

これは察しの良い方はお気付きでしょうがイノシシの仕業です。

取り敢えず車道に出て周辺を見てみるとやはりやられています。

他の散歩エリアには被害はなさそうでした。

イノシシも腹を満たさないと命に係るのでこればかりは何ともしようがないけれどご存知の通りヤマユリは普通、実生であっても地上に出て来るまでに約5年、それから毎年成長を続けること5年、計10年位しないと花は咲きません。

今回みたいに肝心な部分が胃の中に収まってしまったのではそれも望めませんが我が家の庭の自生のヤマユリは2年ほど前にもやられていますのでドンドン数が減っています。

その昔私がここに別荘として今の我が家を建てた頃は15個以上の花が咲く立派なヤマユリが数個ありましたが、これ位が寿命の限界でもあるようでその後自然消滅したりしてその数は減って行きました。

花数も精々数個程度となりました。

詳しい数は覚えていませんがその昔は庭に約100本位の自生のヤマユリがありましたが段々減って今回の件で残っているのは20数本あれば良いのではないでしょうか。

残っているのはイノシシの鼻先で掘り返し難いところに生えているモノが大半のようです。

未だ全部確認した訳ではないので荒らされた数は増えるかも知れませんが自然のこととは言え、残念です。

山の中に家を建てた人間の方がそもそも彼らのエリアを浸食して来た訳なので一方的に彼らを非難する訳には行かずここはまぁ、良からぬ人間の腹に収まった訳ではないことを良しとして諦めることにします。

今回の事件で私の寿命と照らし合わせても花数の多いヤマユリを愛でることが出来る可能性が又一段と減ったこと、それが悔しい!!。

追記

午後庭の整理の際、確認したら後5本やられていました。

結局庭を満遍なく徘徊して食い散らかしたようです。あんなにでかい図体がどこから来たのか侵入経路が分からない。

回りは草茫々なのに倒れているところが見当たらないのだ。

又我が家の庭の中の通路は結構狭いのにそこがやられているのには恐れ入谷の鬼子母神です┐(´д`)┌ヤレヤレ。

|

« KENNY DREWのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.8) »

庭関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KENNY DREWのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.8) »