« JAMIE CULLUMのアルバム | トップページ | お買いもの »

2013年3月 1日 (金)

アナログ録音から製作したソフトの比較

比較に使用したアルバムはHANK JONESのラストライブ盤のJAM AT BASIEです(写真↓は以前CDを撮ったモノの流用です)。

近年では珍しくアナログ一発録りからLP・CDを作ったモノの比較です。改めて比較してみました。

これは’09.8.14~15に掛けての一関のジャズ・スポット”ベイシー”でのライブ録音です。

「ベイシー」40周年記念企画として収録されたモノです。

LPは同時に初回限定生産として発売された。私は最後のチャンスなのでCDと両方購入していました。

LPは6曲のみです。因みにCDは10曲収録されています。Img_34201

メンバーはHANK JONES(p)、DAVID WONG(b)、LEE PEARSON(ds)、RAYMOND MCMORRIN(ts)です。

1.COOL STRUTTIN’(*1)

2.COTTON TAIL

3.SUMMERTIME

4.HAVE YOU MET MISS JONES?(*2)

5.ROAD SONG

6.IN A SENTIMENTAL MOOD(*3)

7.MERCY、MERCY、MERCY(*4)

8.TWISTED BKUES(*5)

9.MOOSE THE MOOCH(*6)

10.BLUE MONK

以上はCD収録曲一覧です。内LP収録曲は曲の後に(*)を付けました。*1~*3がⅠ面、*4~*6がⅡ面です。

この録音はアナログ一発録音です。

テープはAMPEX 456のハーフ・インチ・アナログ・テープ(この企画は入手困難なこのテープを探すことから始まった)

テレコはSTUDER A-820を2台とDOLBY SR等と共にレコーディング・モービル(NEVEコンソール33609搭載)に持ち込んだ。

演奏はこの通常盤を聴いてもライブの雰囲気は勿論、音の瑞々しさは格別のモノがある。

我が家のチープなシステム・環境でも充分楽しめます。

さて今回はどう表現されるでしょうか(爆)。

このアナログに収録されている部分に照準を合わせて聴いてみました。

余裕含みの3曲ずつの収録が音にも反映されているのが良く分かります。

どしっと地に足の付いた演奏に加えハンクのピアノはコロコロ転がるように軽やかです。名演かどうかは分かりませんが彼のラストライブだし私は大切に保管、たまに聴いて行きたいと思います。

これは正直CDで充分良い。

ひと言

私もこれ(LP+CD)は追悼記念盤と割り切っています。

|

« JAMIE CULLUMのアルバム | トップページ | お買いもの »

オーディオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JAMIE CULLUMのアルバム | トップページ | お買いもの »