« 伊豆爺徘徊記(3.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.18) »

2013年3月18日 (月)

DEREK AND THE DOMINOSのアルバム

今日紹介するのはDEREK AND THE DOMINOSです。アルバムはLAYLA(’70、再発日?)です。

これは凄い、何と’09.3に入手していましたので約4年寝かせたことになります(爆)。

当時¥2,801.-でした。2枚組の重量盤です。

1.I LOOKED AWAY

2.BELL BOTTOM BLUES

3.KEEP ON GROWING

4.NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU’RE DOWN AND OUT

1.I AM YOURS

2.ANYDAY

3.KEY TO THE HIGHWAY

1.TELL THE TRUTH

2.WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD?

3.HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN

1.LITTLE WING

2.IT’S TOO LATE

3. LAYLA

4.THORN TREE IN THE GARDEN

4年前は買ったは良いが好きなジャンルではないのでそのままお蔵入りとなっていたのでしょう。

で、今聴いて見ると良いじゃあ~りませんか。

本質的な良さを理解するには私には未だ無理ですがこう言う音楽が普通に楽しめるようになって来たことが自分ながら分かります。

幾度か聴く度にその意味も理解出来るでしょう。

買って置いて良かったアルバムです。

それにしてもヨーロッパ盤は製盤が良いですね。アメリカ盤は見習うべし...。

昔は考えられなかった聴き方、ロックとクラシックを交互に平気で聴けるのは進歩したと言うことなのか(;´Д`A ```。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.18) »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.17) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(3.18) »