« 伊豆爺徘徊記(4.2) | トップページ | 年金受給権者「現況届」ご提出のお願い »

2013年4月 3日 (水)

MILES DAVISのアルバム

今日紹介するのはMILES DAVISです。アルバムはコンプリート・アムステルダム・コンサート 1960(’13)です。

コルトレーン退団直前のマイルス歴史的未発表録音が遂に登場!!と紹介されています。

DISC 1のメンバーはMILES DAVIS(tp)、JOHN COLTRNE(ts)、WYNTON KELLY(p)、PAUL CHAMBERS(b)、JIMMY COBB(ds)で

DISC 2のメンバーはMILES DAVIS(tp)、SONNY STITT(as)、WYNTON KELLY(p)、PAUL CHAMBERS(b)、JIMMY COBB(ds)とsxが入替わっています。

DISC 1

1.INTRODUCTION BY NORMAN GRANZ

2.IF I WERE A BELL

3.FRAN-DANCE

4.SO WHAT

5.ALL BLUES

6.THE THEME

7.WHISPER NOT

8.EASE IT

DISC 2

1.INTRODUCTION BY NORMAN GRANZ

2.BUT NOT FOR ME

3.WALKIN’

4.ALL OF YOU

5.SO WHAT

6.THE THEME

7.STARDUST

8.OLD FPLKS

9.ALL BLUES

10.THE THEME

50年以上前の録音が発掘され現代に蘇った。

処理が現代的にされているとは言えとても良い状態の録音です。

絶対遭遇し得ないライヴに再生を通じて出会えることの素晴らしさ、これだけでこう言うアルバムの価値はあります。

当時の豪華メンバーが一堂に会していることもこのライヴの価値を盛り上げていますがひと言良く残っていたモノだ、と言うことと良くぞ見付けてくれたと言うことに感謝したい。

|

« 伊豆爺徘徊記(4.2) | トップページ | 年金受給権者「現況届」ご提出のお願い »

CD温故知新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(4.2) | トップページ | 年金受給権者「現況届」ご提出のお願い »