« 伊豆爺徘徊記(5.28) | トップページ | ドライブ散歩 »

2013年5月29日 (水)

JERRY BERGONZIのアルバム

今日紹介するのはJERRY BERGONZIです。アルバムはTETRAGONZ(’13)です。

これは中年音楽狂さんの紹介です。

メンバーはJERRY BERGONZI(ts)、CARL WINTHER(p)、JOHNNY AMAN(b)、ANDERS MOGENSEN(ds)です。

1.TETRAGONZ

2.SOMEWHERE

3.SPECTRE

4.NEVERLAND

5.LIKE JUDAS

6.GABRIELLA

7.TRIO TONE

8.DAWN

9.DOMOLIAN MODE

これは良いですね。

切れと飛翔が上手く噛み合って独特の空間表現をしています。

こう言う音楽は破綻するような変な信号は入っていないので音量は上げて聴きたいですね。

とても気持ちの良い音楽です。

中年音楽狂さんいつも有難うございます。

|

« 伊豆爺徘徊記(5.28) | トップページ | ドライブ散歩 »

CDソフト」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん、今日は。
>十分に魅力的なフレージング
彼らは日本では未だ余り知られていないのですかね~。
CDも新譜なのに意外と早く底を突いて入荷待ちとなるし、売れ行きが凄くてなら良いのですが...。(汗)
>是非日本に来て欲しいものです。
楽しみにしている人もいるでしょうから実現すると良いですね~。
私は彼らの音楽は好きですね。

投稿: EVA | 2013年6月 2日 (日) 14時10分

こんにちは。いつもご紹介ありがとうございます。

ここでのBergoznziはCarl Wintherとの前作よりも地味な感じではありますが,十分に魅力的なフレージングを展開していて,楽しめました。是非日本に来て欲しいものです。

投稿: 中年音楽狂 | 2013年6月 2日 (日) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(5.28) | トップページ | ドライブ散歩 »