« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »

2013年9月 5日 (木)

PROPRIUSレーベルのアルバム

今日紹介するのはPROPRIUSレーベルのアルバムです。

私は次の3枚を以前から持っていました。

CANTATA DOMINO:LP数枚(’77当時の輸入盤3~4枚、日本盤(キング?)の重量盤+CD)・・・何れも探していないので不確実。

ANTIPHONE BLUES:CD(’75、’88)・・・確認済み。

JAZZ AT THE PAWNSHOP:CD(’77、’86)・・・確認済み。

以上の内、CANTATA DOMINOは当時一挙に輸入盤を数枚買い増ししたのですがその後聴く機会が少なくなって行ったのでこちらへ来てから知り合った方に差し上げました。でも未だ以上のように残っていますので問題ありません。

後の2枚はLP当時のことは知りませんでしたので最初期のCDを購入していました。

今やカビが少々生えていますが再生は出来ました(汗)。

で、今になってLP再生環境が昔以上に良くなって来たので2枚のLPがないモノかどうか探していましたが異常に高い再発盤を買うのも癪なのでCDを聴き直した結果古いCDですが想像以上に充分楽しめることが分かりましたので高いLPを買うのは止めました。

これも新しいCDPとDACのお陰ですね。

3枚ともシチュエーションが違いそれぞれ楽しめます。

PROPRIUSのジャズ、良いですよ。

特に「ANTIPHONE BLUES」はサックスとパイプオルガンの共演で教会で録音されています。

非日常的な雰囲気が味わえ私は好きです。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »