« 今日の富士山(9/27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.28) »

2013年9月28日 (土)

KATIA & MARIELL LABEQUEのアルバム

今日紹介するのはKATIA & MARIELL LABEQUEです。アルバムはBARTOK:2台のためのピアノ、パーカッションとオーケストラのための協奏曲(’85、’07)です。

アーティストはKATIA & MARIELL LABEQUE(p)、SYLVIO GUALDA(perc)他。

そう、SYLVIO GUALDAが参加しているので聴いてみたくなったモノです。

1.2台のピアノと打楽器のための協奏曲 第1楽章:アッサイ・レント~アレグロ・モルト

2.2台のピアノと打楽器のための協奏曲 第2楽章:レント マ・ノン・トロッポ 

3.2台のピアノと打楽器のための協奏曲 第3楽章:アレグロ・ノン・トロッポ

4.2台のピアノと打楽器のためのソナタ 第1楽章:アッサイ・レント~アレグロ・モルト

5.2台のピアノと打楽器のためのソナタ 第2楽章:レント マ・ノン・トロッポ

6.2台のピアノと打楽器のためのソナタ 第3楽章:アレグロ・ノン・トロッポ

ピアノとパーカッションの組み合わせ、中々ご機嫌です。

こう言う演奏はホンとスカッとして気持ち良いです。

お気に入りのSYLVIO GUALDAのLPは持っているけれどCDは初めてです(この時46歳)。

深み・沈み込み・奥行き等はLPに比べあっさりとしているけれど演奏そのモノは楽しめます。

若い時の八面六臂の演奏に比べると体力的な部分もあるのかな...。

|

« 今日の富士山(9/27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.28) »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の富士山(9/27) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.28) »