« 伊豆爺徘徊記(10.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.6) »

2013年10月 6日 (日)

RODRIGO Y GABRIELAのアルバム

今日紹介するのはRODRIGO Y GABRIELAです。アルバムは同じくRODRIGO Y GABRIELA(’06、’12)です。

今まで彼らのアルバムはCDで2枚持っていますので今回は最近の発売は承知の上でLPを購入してみました。

同じような感慨が得られるか、賭けです(爆)。

1.TAMACUN

2.DIABLO ROJO

3.VIKINGMAN

4.SATORI

5.IXTAPA

1.STAIRWAY TO HEAVEN

2.ORION

3.JVAN LOCO

4.PPA

LPの方がやはり音の切れも繊細過ぎることなく厚みがある(私流に言うと鉈でぶった切る感じが出ている)のでよりギターっぽい。

腹(共鳴板)を叩く音もズンズンと低く響き中々リアルです。

この点は大正解でしたが、一点、3.VIKINGMANの中間辺りに訳の分からないノイズが発生するのは何?(盤面は奇麗なので録音自体の問題か)。・・・プレーヤを代えても同じ症状が出るので録音の問題でしょう。

これは販売業者に内容を伝えるも拉致明かず面倒なので二度とこの業者扱いの商品には手を出さないことにした。

ただ同じ過ちを避けたい(他でもあり得るかも知れないが...)だけ。

|

« 伊豆爺徘徊記(10.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.6) »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(10.5) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(10.6) »