« 伊豆爺徘徊記(1.24) | トップページ | 加藤登紀子 長谷川きよしのアルバム »

2014年1月24日 (金)

定例検診

今日は定例検診です。

今回は薬の残量の関係で先月に続き実施です。

次回は2ヶ月後の予定です。

天気が良かったのでタクシーも普通に利用出来助かりました。

で、予約した時間前に到着したのですが駐車場を見ると車の量が多いのです。

嫌な予感がしました。

入室して見ると数人の待ち人がおられました。

どうやらどこかの段階で時間の掛った患者さんがいるようです。

これは止むを得ません。

でも待つこと30分程で順番が回って来ました。

先ず血圧ですがこの時点も108と正常です。

で、先生に朝一番に測った血圧手帳を見せて最近寒いのに何故か血圧は上がらないのですよ、と申しました。

と言うのも例年冬は薬を飲んでいても高めに推移するからです。

順調なのかそれとも圧も出ない位弱った体になっているのか(これはないと言われました(汗)。

と言うことで薬の調整をして頂きました。

今まで2種類服用していましたが1種類にして下さいました。

体の痛みは今まで通りですが...。

で、もうひとつ確認しました。

我が山のエリア内で散歩の途中時々出会った人たちと雑談を交えて情報交換します。

その中で腰痛持ちの人が腰痛(保護?)ベルトを着用したら改善した、と言い私にも薦めるので私自身藁にも縋る思いなので本当に効果があるのか検診に行った時確認してみようと思っていたのです。

で、その答えは必要ないです、とのこと。

そんなモノしたら血管を圧迫するし、腰(大事なモノが一杯詰まっている)を締め付けてどうするのと言われました。

以前腕巻き血圧計を買った後で確認したらこれは駄目ですよ、と言われたことがあるので同じ過ちを2度しない為に今回は確認してからと思ったからです。

私は門外漢ですが矢張りな~、と言うことで買わなくて良かったです。

ましてや就寝中締め付けたまま寝るなんて以ての外とのこと。

良いことばかり言って宣伝している情報は矢張り疑って掛るベシです。

と言って他に妙案はないのでこれが問題なのですが...。

痛いのは生きている証拠で生涯痛みを背負ったまま生き続けるしかありません(泣く)、最近は就寝中の寝返りと起床時立ち上がる際が辛いけれど後は時間の経過とともに血の巡りが良くなるのか気にせず過ごすことが出来ます。

無病息災には程遠いけれど何かしら抱えながら人間は生きなければならないので仕方がないですね。

と言うことで予定時間を押したまま次の目的地へ移動、予定の行動を全て終え帰宅したのでした。

今月はタクシーチケットを購入せずに済みました。

来月以降改めて購入して交通費に当てます。

検診は予約だけれどうまく行かないこともあるさと言うお話でした。

|

« 伊豆爺徘徊記(1.24) | トップページ | 加藤登紀子 長谷川きよしのアルバム »

通院関係」カテゴリの記事

コメント

せせらぎさん、おはようございます。

先生によるとコルセットなど以ての外だそうです。

兎に角画期的な対症療法はないけれど締め付けるのは良くないと。私もそう思いますので購入を止めました(爆)。

今のところ極限られた時間帯での痛みに止まっていますので出来るだけ体を動かしてこれ以上の悪化を防ぐことが肝心だと思っています。

年を取ると何だかんだとコストが掛ります。

対して収入は減るし困ったモノですね(汗)。

騙し騙しでも何とか生活出来れば御の字と思いながらやって行こうと思っています。

投稿: EVA | 2014年1月25日 (土) 08時12分

せせらぎです
定期検診は不安やら安心やらですね。
私も整形外科でコルセットを付けるよう渡されましたが使っていません。
筋肉がコルセットを頼って弱くなるとか?ききましたので・・・
朝起きた時は痛み止めを一回飲んで一日を過ごします。
私の痛みは静かに休んでいるて動き出すと痛いのです。
ずっと動いていたり立っているのは疲れますから…時々座ったり立ったりしています。
きっとこの症状は治らないでしょう。これ以上悪くならない事を願います。
歯医者からも定期検診のハガキが来ていますから予約して行こうと思います。入れ歯になったらお高く付きますから…
 高齢者は医療費が出費です。
今日友人が脳の手術を受けました、朝メールをしたら「10時からだよ〜」と返事が来た。早い回復を願っています。
毎日普通に暮らせる事に感謝ですね。

投稿: せせらぎ | 2014年1月24日 (金) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(1.24) | トップページ | 加藤登紀子 長谷川きよしのアルバム »