« 伊豆爺徘徊記(3.19) | トップページ | 「通販生活」との別れ »

2014年3月20日 (木)

矢野顕子のアルバム

今日紹介するのは矢野顕子です。アルバムはHOME GIRL JOURNEY(’00)です。

これは先日バズケロさんを訪問した時聴かせて頂いたアルバムです。

1.PAPER DOLL 

2.会いたい気持ち

3.赤いクーペ

4.海辺のワインディング・ロード

5.雷が鳴る前に

6.しようよ

7.ニットキャップマン

8.夢を見る人

9.PHOTOGRAPH

10.世界はゴー・ネクスト

11.遠い町で

12.HOME GIRL JOURNEY

13.さようなら

14.在広東少年

15.さすらい

沢山聴かせて頂いた中でこれと後1枚記録して帰宅後注文しました。

彼女の独特の声は今まで余り馴染めなかったので敬遠していました。

で、このアルバムは彼女のピアノ弾き語りでワンマイク録音です。

それが...

出だしの音から爽やかで実に気持ち良くてやられてしまいました(汗)。

静寂の中の凄味と言いましょうか、ピアノの重低音の中にポッと力強くて浸透力のあるヴォーカルが浮かんだような立体的な空間表現は実に素晴らしい(2階の窓から俯瞰しながら聴いても実に明瞭に届く)。

透明感のあるヴォーカルとパワフルでメリハリのあるピアノが上手く絡み合って実に聴き応えのあるアルバムです、床踏みの音も立派な楽器と化しています。

これで又ひとつ苦手アーティストを克服出来ました(ホンとかいな(爆))。

ご紹介頂いたバズケロさんに感謝!!。

追記

作詞・作曲家は何れも錚々たるメンバーが名を連ねています。

この事実を見てもこのアルバムに賭ける彼女の息込みが分かろうと言うモノ、です。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.19) | トップページ | 「通販生活」との別れ »

CDあれこれ」カテゴリの記事

コメント

takeotさん、おはようございます。

昔からファンだったのですか。

私はあの独特の声がアレルギーとなっていました(汗)。

今ではアーティストの皆さんそれぞれの声や演奏は全て個性の発揮を通じての表現の仕方なのだと言うことが良く分かるようになって来ました。

だから余程合わないモノ以外は大丈夫なように抵抗力も付いて来たのでしょうね(爆)。

彼女の歌も演奏も素晴らしいです。

弾き語り4部作があるようなので探して購入する積りです。

そうそうそちらの雪は大丈夫でしたでしょうか。

春間近になって来た頃の雪は気持ち的にも大変ですね。

投稿: EVA | 2014年3月22日 (土) 09時39分

EVAさん今晩は!
私は、かなり前から彼女のファンでして、コンサートも3回見てます。彼女のピアノも良いですよ!勿論歌も(^^♪

投稿: takeot | 2014年3月21日 (金) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.19) | トップページ | 「通販生活」との別れ »