« 伊豆爺徘徊記(3.2) | トップページ | 「夢が叶う」は始まりの一歩 »

2014年3月 3日 (月)

八城一夫のアルバム

今日紹介するのは八城一夫です。アルバムはSIDE BY SIDE VOL.3(’76)です。

メンバーは八城一夫(p)、原田政長(b)、潮先郁男(g)です。

1.I KNOW WHY

2.AFTER YOU’VE GONE

3.BYE BYE BABY

4.DANCING ON THE CEILING

5.WHEN YOU WISH UPON A STAR

6.HINDUSTAN

7.TIME ON MY HANDS

1.HONEY SUCKLE ROSE

2.HERE’S THAT RAINY DAY

3.IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING

4.OPUS DE FUNK

このアルバムの後原田政長氏が亡くなってその後メンバーを代えてAGAINが録音されました。

今思うと4枚全て買っていたことを幸運に思っています。

今と違って当時は情報も極限られたモノなので中々数年に亘って発売されるモノはフォローし切れません。

全てが良い状態で残っている訳ではありませんが時折聴くのには時系列的な聴き方も可能な訳で得難い財産となりました。

このアルバムは状態も良くて良かったです。

B面の迫力は素晴らしいですね。

同じメンツなのにまるで違う人の演奏のようにノリノリです。

ピアノが違うだけでここまでの変化が出るのでしょうか。

それはさておいてここまで順番に聴いて来て最初の1枚だけがやや痛んでいると言ったところでしょうか(汗)。

|

« 伊豆爺徘徊記(3.2) | トップページ | 「夢が叶う」は始まりの一歩 »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(3.2) | トップページ | 「夢が叶う」は始まりの一歩 »