« 伊豆爺徘徊記(5.10) | トップページ | 竹取物語2(’14.5.11) »

2014年5月11日 (日)

RODRIGO Y GABRIELAのアルバム

今日紹介するのはRODRIGO Y GABRIELA です。アルバムは9 DEAD ALIVE(’14)です。

これは予約注文したのですが到着までに1週間以上掛りました(汗)。

たまたまゴールデンウィーク中(4/29)が発売日だったのでそれが影響したのかそれとも予定以上に注文が多く対応に時間が掛ったのかは定かではありません(最初から発送予定日は不変(これから考えるに発売日の問題なのかな)。

取り敢えず当初設定された日には到着したのでホッとしました。

封を切ってみるとこれは赤盤です(昔の東芝の赤より薄めの赤盤でピュア100%盤に近い透過性の高い盤(中身は違うと思います、価格がリーズナブルだし重量盤ではありませんから)。

1.THE SOUNDMAKER

2.TORITO

3. SUNDAY NEUROSIS

4.MISTY MOSES

1.SOMNIUM

2.FRAM

3.MEGALOPOLIS

4.THE RUSSIAN MESSENGER

5.LA SALLE DES PAS PERDUS

実はRODRIGO Y GABRIELA(’06、’12)のLPを昨年10月に入手して聴いてみたのですが理由ははっきりしませんが一部に結構酷い雑音が出る場所があったのです。

’06当時はCDだけかLP盤も併売していたのかは存じません。

私が入手したのは6年後のLP盤ですから再発は間違いないところ。

でも普通この程度の時間経過でマスターがどうのなんて言うことは考え難いですよね。

まして時代からして(音の件はさておいて)デジタル録音がマスターなのですから...。

今回は同時併売と言うことでLP盤を予約注文してリベンジを図ったのです。

結果は如何にと言うことで早速聴いてみました。

ゲインが通常盤より4ポイント位低い。

で、他の盤と同じ聴感レベル位にして聴いてみると物凄く透明感があってエナジーは満載でギターの音色も素晴らしい。ギター演奏は手に取るように動きが良く伝わって来ます。

今までのCDよりはやはり相当良い。

重厚感と深みのあるサウンドが何とも心地良いです。

ただ赤盤の意味するところは分かりませんが(汗)、これは間違いなく良い。

更に私のは米盤ですがUK盤もあることが分かったのでどの程度違うか発注しましたがこれは取り寄せになるのでいつ届くか今のところ不明です(汗)。

注目している人は今の内にゲットした方が良いでしょうね。再発だと↑のようなこともあり得るので...。

ただアマゾンを見ると在庫状態は有・無が交互に表示されているようでタイトな状態のように思われます。

|

« 伊豆爺徘徊記(5.10) | トップページ | 竹取物語2(’14.5.11) »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(5.10) | トップページ | 竹取物語2(’14.5.11) »