« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »

2014年8月26日 (火)

PATTI SMITHのアルバム

今日紹介するのはPATTI SMITHです。アルバムはBANGA(’12)です。

これも昨年中年音楽狂さんの紹介でCDを購入し、「今年聴いた女性ヴォーカルでは文句なしにNO1です」と言う感想を書いたアルバムです、爾来早や約1年半経ちますが今になってHMVを見ると昨年LPも発売されていたのに遅ればせながら気が付いた次第です(汗)。

CDと全く同じ収録数なので2枚組(EU盤)です。

DISK Ⅰ

1.AMERIGO

2.APRIL FOOL

3.FUJI-SAN

4.THIS IS THE GIRL

1.BANGA 

2.MARIA

3.MOSAIC

DISK Ⅱ

1.TARKOVSKY(THE SECOND STOP IS JUPITER)

2.NINE

3.SENECA

1.CONSTANTINE’S DREAM

2.AFTER THE GOLD RUSH

彼女のアルバムはこのLPを含めて( TRAMPIN’(’04))3枚だけです。

流石LPです。CDでも初っ端から実に深い音で始まったと表現していたのですが奥深さが違いました(汗)。

実在感たっぷりのホンと素晴らしいアルバムです。

いつも思うことですが彼女のジャケはモノクロで地味なので全く購買意欲をそそられない、が今思うと(たった2枚だけど)そこに深いメッセージがあるような気がして来た。

昔のジャケ買いスタイルだったらは絶対スルーしていたアルバムですが...。

でも中身は実に味わい深く音楽性が高いアルバムです(爆)。

ホンとこのアルバムは思うに飛び抜けて秀逸です。

歌声は低くて深~い地の底から湧き出しているかの如く何とも言えない魅力的な力強さ・味わいが充満している。

改めてこのアルバムを買う切っ掛けを作って下さった中年音楽狂さんに感謝!!。

|

« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »

お気に入り(ステレオLP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(8.25) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(8.26) »