« 伊豆爺徘徊記(6.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.2) »

2015年6月 2日 (火)

藤圭子のアルバム

今日紹介するのは藤圭子です。アルバムは女のブルース(’70)です。

これはセカンドアルバムです。

1.女のブルース

2.女の流れ唄

3.涙のブルース

4.東京夜曲

5.命預けます

6.あなた任せのブルース

1.ネオン街の女

2.盛り場数え唄

3.夜の花

4.女泣かせ

5.東京ワルツ

6.女の真心

顔に似合わず野太い声で堂々と歌っています。

今思うと当時大ヒットしたアルバムと言うことが良く分かります。

演奏も素敵なサウンドを響かせています。

ファーストアルバムの「新宿の女」はオリコンLPチャート20週、本作が17週連続1位を保ち、その後入れ代わり立ち代わり2作で計42週連続1位と言う記録を打ち立てた。

で、前作は殆どがカバーであったのに対し、本作は全曲石坂まさを作詞によるオリジナルです。

私はこう言う事情を知らずに後年買っていました(汗)。

たまに聴くのも良いモノです。

前作(ファーストアルバム)も何故か持っています。

|

« 伊豆爺徘徊記(6.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.2) »

LPあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(6.1) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(6.2) »