« MADONNAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.25) »

2015年7月25日 (土)

人生は60歳からが面白い!!

タイトルは私のことではありません(汗)。

7/24TVでそう言う風に仰っておられるサンデー毎日(これは私も共通ですが)の方々がおられました。

本来なら

年金暮らしになって時間を有効に自分の為に使うと言うことでは最高の年齢になっていると思います(汗)・・・年金受給の時期が今後遅れるのと支給額が目減りすることを除けば、ですが...。

面白い(=面白く生きる)と言うには前提条件がありますね。

先ず

1.健康であること

2.年金でやり繰り出来る生活スタイルの構築(事前に積立金が豊富な方は別ですが...)

私の場合、60歳目前にして予期しない失業に追い込まれ年金満額支給時までの間持ち出しの連続でカツカツの生活になった、これで大きく人生設計が狂いました(何事も画に描いた餅のようには行かない、と言う見本?)。

今67歳になっても何とか生き永らえていますので2.の件は最低の生活をしながらも辛うじてクリヤー出来たと言ったところでしょうか(汗)。

勿論、全然余裕はありませんが...。

さて

「60歳からが面白い」を実践する為にはやはり何はさて置いても健康が一番でしょうね。

私はこれでも大きく躓いてしまいました。

と言ってもこれも元には戻らないのでその範囲内でささやかな楽しみを見出して残りの人生を出来るだけ楽しく過ごすと言うことを模索することが今の私にとっては重要なことです。

お蔭で若い時から生涯を通じて飽きない趣味を持ち続けて来たので何とかなりそうです。

ご覧頂いた方の中でお若い方がおられましたら先ずは健康一番、次に自分に合った生涯楽しめる趣味を見付けることでしょうか。

老後の人生設計は出来るだけ若い内から綿密に計画(予期せぬことが次から次へと色々起こりますから...)して備えることは必要ですがこれだけは幾らやっても万全と言うことはないと思いますので逆な言い方をすれば奈落の底に叩き落されても生き永らえることの出来る覚悟(意思の強さ=逆境に強い=ある意味楽天家?)と知恵を持つことが必要かと思います。

時間のある人こそ事前準備は怠りなく...。

私もタイトルのように60歳から面白い人生を歩みたかったのですが心ならずも失敗し現在もがきながら苦しみながらそれでも日々楽しもうと工夫しているモノのこれは戯言でした。

参考になれば幸いです。

|

« MADONNAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.25) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MADONNAのアルバム | トップページ | 伊豆爺徘徊記(7.25) »