« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »

2015年9月 5日 (土)

悪徳2人組の手の内

今日紹介するのは悪徳2人組の手の内です(ネタ元の実名入りブログが昨夜更新されました)。

先日仕組みはお伝えしましたが、今回は更に具体的なことが判明しました(汗)。

gさんとkさん(何れも仮名)の場合、

2人組の先鋒たる「ベ」の二枚舌振りが分かって来ました。

先ずgさん宅の音の(本音の)評価

高音域は「きれいそうな音」ですが、別の言い方をすれば無機質の硬い音です。

頭が痛くなるキンキン音。ラジカセを大きくしたコンポとでも申しましょうか。

天井高が3mあるのが唯一の救いでしょうか?ここはオーディオ以前の音で音楽表現は無理です。

折角行ったので仕方なく、得意の1㎜単位でスピーカー位置を調整して(遊んで)やりました。実情を知らない素人はこれで簡単に引っかかります。ちょろいもんです。

もう一人はkさん宅です。

これはとても再現出来ない位酷い言い様なのでかなりオブラートに包んで表現しました。

自分の家にピアノがあるにも拘わらず、ご本人はその音の深さと言うものが未だに分かっていないんです。

システムから出てくるピアノの音はおもちゃの音です。しかも定位が悪いので鍵盤の位置が床上30㎝のところにあります。

そしてこのお宅の特徴はサラウンド再生ですので、後方からも音楽が鳴るのには本当に参ります。

今回は長時間付き合わされましたが、最悪でした。

以上の通り、「ベ」は、コミュでの訪問記事では持ち上げ過ぎと言う位持ち上げていますが、実際は、(実名入りブログの情報元)にはこのようなことを言っているのです(彼自身、実に脇が甘い・・・情報ダダ漏れ))。

完全な二枚舌、しかも実に悪質です。

音が悪いなら悪いなりに遠回しな書き方と言うものがあります。相手が潜在的な「お客」なのでいつまでもこんなことをやっているのです。

こんなに酷い二枚舌はそうそうないでしょう、裏メールのス○ラもビックリですね。

共通事項としてお二人とも○し○式のお部屋です(なんちゃってかどうかは分かりませんが)。

こんな連中を家に上がらせる(オフ会の)人達は相手が「コミュの名士」(??)と言うことで脇が甘くなるようです。

又隠れ商売人を「大賢者」などと持て囃す馬鹿もいますから注意が必要です。

他には大御所もいますね...。

その張本人「ベ」はハイペースでコンサート日記を書き続けていますね。

どこにこんな(国内外コンサート、オフ会に行く)時間があるのでしょうか、未だ彼は現役の爺ですモノね。不思議で仕方がありません。

ここまでは最もあくどいGは出て来ませんね。

彼は先日の日記でも触れましたがこの後に登場して2対1でターゲットを洗脳・陥落させます。

おぉ。怖っ!!。

オフ会での褒め言葉はつまり「褒め殺し」ですね。

連中には近付かないように充分気を付けましょう。

追記

裏では相変わらず憶測が激しいようですがこの「実名ブログ」は中々ヒットしないでしょうね~。

立ち上げて間がないのでキーワード(これが難しい)検索してもヒットしない。

成りすましで見付けたようなことが書いてあったけれど結局「魚拓」とやらも開示されない(汗)。

この後見たら探し当てたようです。

これでほっといても自然に拡散するでしょう。

2人組はもう逃れられませんね。

|

« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆爺徘徊記(9.4) | トップページ | 伊豆爺徘徊記(9.5) »